子供は月星座でみましょう

以前の記事で、星占いで重要な天体は月、太陽、土星です、というお話を書きました。

その中でも月星座はその人の生まれながらの性質を示すものなので、小さいときは太陽星座よりも月星座の性格がまんま現れます。

天体の年齢域(その天体の性質が一番発達する年齢)というのがあるのですが、月は生まれてから大体7歳くらいまで一番表に出ます。

その後は、水星の年齢域に入っていきます。年齢域についてはまた機会がありましたら書きますね。

 

そのため、お子様の性格を知りたい、と思ったときは月星座の性格を重視しましょう。

ちなみにうちの子供たちですが、息子は太陽天秤座、月山羊座で、娘が太陽山羊座、月水瓶座です。

息子は一人で黙々とする作業、制作が大好きです。みんなと一緒に遊ぶことももちろんありますけど、一人で積み木やレゴで遊んだり塗り絵をしたりする方が多く、とっても真面目です。

幼稚園でも、先生のお話をよく聞いてくれて、みんなのいいお手本になっています、と褒められることが多いです。

ただ、甘えベタで、親の方でもついつい息子はしっかりしてるから大丈夫と思ってしまいがちなので、意識的にスキンシップしたりハグしたりして愛情を伝えていきたいと思っています。

娘も一人でいても大丈夫な子だったりしますが、こっちは好奇心が旺盛で何でもかんでも「何で?」と聞いてきます。

納得できるまで話し続けるのでこちらが一生懸命考えないと辛いです。理屈っぽいのかもしれません。

そして、上下関係というものが通用しません。「パパが怒るからやめなさい」なんて言われても全然気にしません。

基本的に子供と大人は同等だと思っているようで、「これは大人の食べ物だ」とかいっても自分が食べたければ無視して食べます。

そして息子と娘は太陽星座は天秤座と山羊座でスクエア関係で一見仲が悪いのですが、息子の月と娘の太陽がコンジャンクション(合)なのでとても仲良しです。

娘の月が水瓶座で息子の太陽天秤座と同じ風のエレメントということも、仲良したる所以かもしれません。

コンジャンクション、合に関してはそのうちアスペクトを書く機会があればそこで説明します(^^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください