【西洋占星術】牡羊座について

牡羊座のことを書いていこうと思います。

牡羊座の魅力は何と言っても勢いのいいキャラクター、好奇心、裏表のないところ、です。

活動宮、火のエレメント、ということで、始まりのエネルギーとして牡羊座さんに勝てるものはありません。

闘いの星、火星の守護を受けています。

そして、楽しむ、楽しませる、ということをとっても大事にしています。

私のお友達の牡羊座さんで、何かイベントごとがあると率先してお料理を用意してくれたり、買い出しもすぐに気がついて行ってきてくれたり、子供好きで食事に一緒に行くと子供達が飽きないように話題を選んだり遊んだりできる方がいます。

会話してる時も楽しませよう、笑わせようという気持ちが大きくってユーモアたっぷりに色んなお話をしてくれます。

そして、牡羊座さんはとにかくチャーミングな方が多いですね。ツッコミどころが多いというか、なんか構いたくなるというか。

人の一生でいうと牡羊座は赤ちゃんを示すので、牡羊座さんも赤ちゃんのようなピュアで周りを明るくする「陽のエネルギー」に満ち溢れているのです。

牡羊座さんでは3区分も活動宮、4区分も火のエレメントと、勢いの塊のような星座。自分の好きなこと、興味のあることにとにかく一目散に向かっていく。

それが最大の魅力なんです。

だから、牡羊座さんは、何よりも自分の直感を信じ、周りのいうことに耳を貸しすぎない方がうまくいくことが多いです。

ただでさえ、たった一人で次元を超えて生まれてきて、魂の着地点である肉体を知覚する前の段階です。個体一つで浮遊している状態はなんとなく頼りなく、不安定です。

牡羊座さんの根底には常に「自分の居場所を探している」「自分は一体何者なのかを探している」という、不安のようなものが行動のモチベーションとなっています。

そんな中、周りのとやかくいう声をいちいち聞いていたら迷って辿り着くべき肉体(牡牛座の領域)に辿り着けません。

牡羊座さんは自らの目的地に向かって魚座から飛び出した勢いそのままに突っ走っていってください。

牡羊座さんは魚座さんの「集合意識、無意識の海」から「個」として飛び出してきた星座。

いわば、魚座さん的なみんなの意識が溶け合って皮膚感覚でわかる、といった状態を知り尽くしてそこから抜け出した存在。

なので、周りがどう感じているのかは実は牡羊座さんは既に知り尽くしてる、とも言えるのだと思います。

だからこその「個」。

みんなと一体化した世界はもう識っている。そこは心地よくて優しい場所。

それでも自分とはなんなのか、改めて知りたい。

そのためには安らいだ穏やかな場所から自分自身を切り離さなければいけない。

そんな強いエネルギーを持った牡羊座さんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください