【西洋占星術】蟹座について

蟹座さんは水のエレメントを持ち、感情や情緒、共感力を重んじる星座です。
活動宮なので、常に動き続きます。
感情や共感力を常に働かせ続けるのが蟹座さんです。

おままごとで遊んでいる女の子、をイメージしていただくと、蟹座さんによくあっていますね。

家族、やお友達、大好きな幼稚園の先生など、自分にとっての身内に対してはとーっても優しく、かいがいしく世話を焼き、つくします。
女性だととても母性本能が強く、お母さんのような優しさを備えている。

ただ、嫌いな人に対しては、無視。
一度嫌いになると蟹さんの大きなハサミでチョキンと切り離してしまいます。そして甲羅の外に追い出して、もう我関せず。
好き嫌いがとってもはっきりしていて、嫌いな人には超絶クール。

蟹座さんの愛情は海よりも深いのですが、それを注ぐ相手は蟹座さんはしっかり分別します。
魚座さんは、割と誰にでも優しいのですが、蟹座さんは身内だけ囲ってその中のみ底なしの愛情が及びます。

他のサインの人たちからすると、若干お節介だったり、ありがた迷惑だったりと思われてしまうのが蟹座の愛なのです。
また、蟹座さんは家族意識、というものがとっても強く、家族、身内として認識した人には自分と同化することを強く求めます。なので、例えば同じ考え方、同じ持ち物や服装(お揃いやペアルックが大好き)をするように強要するという部分があります。
家族大好きで、ファザコン、マザコンが多いのも特徴です。
蟹座に個人天体がある皆様は自分がくれぐれもつくしすぎてしまう、という点を注意していただきたいです。

そして、活動サインであって、共感力で繋がれる仲間、家族をどんどん増やしていくことにとても熱心です。
蟹座さんの意識がまだ幼い時は、仲間意識は家族や友達などとっても小さな範囲に止まりますが、成長して精神的にも成熟してくると、もっと広い範囲、国家であったり地球であったりと、とっても大きな存在にも共感し、愛を向けることができるようになってきます。

保育士さんだったり、看護師さんだったりと、誰かを養育したり、保護したり、お世話したりする職業に、蟹座さんはとっても多いですね。
息子の幼稚園の担任の先生は二人とも蟹座さんなのですが、とーっても優しいですし、きめ細やかな保育をしてくださっているのが息子のお話からも伝わってきます。
個人面談の時も、息子のこともとってもよく観察してくださっていることがわかります。息子はこの一年お二人のお世話になれて、とても充実した園生活をおくれたのではないでしょうか。

基本的にとっても愛情深く、面倒見が良く、困っている人をほっとけない、優しさに溢れた蟹座さん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください