【西洋占星術】射手座について

射手座は火のエレメント、柔軟宮の星座です。
守護星は木星。成長と拡大を担う、占星術では大吉を示す星。

射手座は上半身が人間、下半身が馬という姿をしていて、知性と俊敏さを同時に与えられていると言われています。
新しいものが大好きで、知的に成長したい、という欲求があり、それらを満たしてくれるためにどこまでも向かっていくことができます。
そのため、射手座さんにとって最も重要なもの、それは自由です。

海外にも縁の深い星座ですので、射手座さんは海外旅行に行く機会にもたくさん恵まれているのではないでしょうか。
事実、私の母は射手座なのですが、年に2〜3回海外に旅行に行っています。
また、私の友人の射手座の方は長距離ドライバーとして働いていて、毎日毎日日本全国を走り回っています。
毎日決まったルーティーンワークをこなすのは射手座さんにははっきり言って向いていないので、環境がよく変わるお仕事が適職です。

肉体的な移動だけでなく、知的好奇心もとても高く、専門的な学問、特に法律や宗教に適性がとても高いです。

射手座は柔軟宮で相手とのコミュニケーションが得意。
火のエレメントなので競争やスポーツ、ゲームを示すので、格闘技やサッカーといった、相手のいるスポーツが向いています。
知性も高いので、将棋やチェスといった頭脳を使うゲームも好きな人が多いと思います。

欠点は飽きっぽいことですね。
なんせ下半身が馬ですから、興味を持ったことに対してはまっしぐら。
気がついたらそこにいない、ということがよくあります。
とはいえ、常に動き回っているのが性に合っているので、射手座さんを束縛することはできません。
少しでも居心地が悪かったり、縛り付けられていると感じると、射手座さんは逃げ出します。

また、守護星が大幸運星の木星ですので、射手座さんは基本的に非常に楽観的です。そして何でもかんでも拡大する方向に。
口癖は「ま、いっか」
基本大雑把です。

そして、未知のものに対してもオープンで、初めての人、場所を全く恐れません。
それよりも、未知のものが自分に新しい要素を加えてくれるのだ、という希望を常に胸に抱いているのです。

ただ、射手座さんのこの懐の広さだったり楽観的な態度は一緒にいる人に安心感を与えるものです。
射手座は「旅をする星座」。旅をする上では、将来に対する希望的観測は必要不可欠なものですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください