【西洋占星術】ホロスコープであなた自身を知ってみませんか

それって本当にあなたのせいですか?

よく、「モテる女になる〇〇の法則」とか「人生で成功するためには〇〇しなければ行けない」的なこと、書かれていますよね。

それとか、彼との関係がうまくいかないのはあなたの忍耐や努力が足りないからだ、とか、子育てがうまくいかないのはあなたに母親としての自覚が足りないからだ、とか、子供はとにかく褒めて伸ばせとか怒らない育児だとか、みんな好き放題「あなたが悪い!」と言ってきます。

でもね、それって本当?

みんな、そういう情報を鵜呑みにして「自分はみんなができていることができないダメな人間だ」とかって思って無意識に自分のこと、いじめてない?

その、「自分はダメだ」って思い込み、今すぐやめてくださいね。
みんな、そうやって日に日に地味に刷り込まれていってるんですよ。

みなさんはダメ人間になるために生まれてきたわけでも、ダメ人間として生まれたわけでもない。

一人の人間として、宝の地図を与えられて生まれてきたんです。
それはなんのため?
ズバリ、あなた自身を受け入れて、幸せになるためです。

その宝の地図こそが「ホロスコープ」。

「ホロスコープ」には、あなたがどんなことをするために生まれてきたのか、とか、あなたがお金を稼ぎたいなら、こんなことするといいよ、とか、あなたはこんなことが好き、逆にこんなことは嫌い。
あなたはどんなことが得意で、こんな才能が与えられているよ、というのがきちんと記されているんです。

自分を探すなら、よくあるハウツー本よりも自分自身のホロスコープを見てみてください。

ホロスコープは一人一人違います。
でも、10天体がそれぞれの位置に配置されている、という点ではみんな同じ。
アスペクトだったり天体の配置されているハウスは違い、それが個性になりますけど、冥王星が2つある人とか、逆に木星がゼロ、って人はいない。

自分自身を受け入れることで八方塞がりだと思えた現実が実は光に溢れていた、ということや、なんだ今がベストじゃん、ということがわかってきます。
そして、行くべき道も浮かび上がってきます。

私の大好きなbump of chickenの「ロストマン」という曲に

破り損なった 手造りの地図
シルシをつける 現在地
ここが出発点 踏み出す足は
いつだって 始めの一歩

という歌詞があります。

私はこの歌を聞くたびに、初めてホロスコープに出会った日のことを思い出すのです。
人生の迷子だった時に、私が宇宙に与えられた宝の地図に出会えたこと。
そして、また改めて人生を自分自身の足で歩いて行こうと決めたこと。

手造りの地図、ホロスコープを知って、あなたも自分自身の人生を歩いてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください