金星について

金星は年齢域でいうと15歳から25歳くらいまでです。
思春期、と言われる、楽しいことが大好きで、そればっかりやっていてもいい、あまり責任を求められない楽しい時期ですね。
この頃が人生で一番楽しい時期だったと思う人もいるかと思いますが、それもそのはず、金星は楽しいこと、快楽、美といったものを担っているからなのです。

マイナス面といえば楽しくないことはやらない、ムラっ気がある、怠けもの、といった面も持っているところですね。

さて、金星は牡牛座と天秤座を守護しているので、この二つの星座は美と調和をどの星座よりも重んじていますし、楽しいことが大好きです。
牡牛座と天秤座が個人天体で強く出ている人たちは美に対してこだわりが多く、実際に美しい人が多いです。

月と金星はどちらも女性性を表す惑星ですが、月は普段着、金星はよそ行き、というイメージであり、金星はより特別な感じが出てきます。
日常生活における女性のイメージは月、特別なシチュエーション、恋愛などは金星と考えるとわかりやすいです。

金星はまた、趣味嗜好、恋愛のスタイルを意味しており、みなさまが何を楽しみに生きているかを教えてくれます。

例えば私は金星が獅子座で1ハウスにあり、特にアセンダントとぴったりと重なっておりますので、金星が私そのものと言えるような状態です笑。

そして獅子座の金星は獅子座的なことが大好き。
それは何と言ってもドラマティックであること、派手なこと、目立つことですね笑。
そして、恋愛も大好きです。
恋愛ドラマ、映画も大好きですし、何よりも、とってもファッショナブルでわかりやすいものが大好き。
「プラダを着た悪魔」とか「500日のサマー」のような、ポップでわかりやすい、明るいお話が大好きなのです。

逆に、静かーに地味ーに展開するようなものや、人の感情の動きがドロドロとしているようなのは苦手だったりします。

そして私の金星はシャネルの創始者ココ・シャネルの太陽にぴったりと重なっていることもあり、「シャネル」というブランドを偏愛しております。
というか、シャネル、というコンセプトがとにかく大好きなのです。
所有したい、とか着たいとかあんまり思わないんですけど、マトラッセとかシャネルスーツとかはもう無条件に好きだったりしますね。

みなさまの金星はどのサインにいるでしょうか?