【西洋占星術】私が占星術を勉強している時に参考する本

私が西洋占星術を勉強する際に参照している本を紹介します。

松村潔先生の「完全マスター西洋占星術」は、占星術の基本である、サイン、天体、ハウス、アスペクトに関して、とても詳細にまとめられており、とりあえず、この一冊を読んでおけば、ホロスコープの基本的な部分を読むことができるようになる、という優れものです。

本の中ではかなり、文章の内容が固めで、回りくどい言い回しをしている部分があるのですが、ホロスコープ講座でお会いした松村先生はかなりフランクで面白い方でした。

この本は基本を網羅しているので、私がホロスコープを読む際には必ず脇に置いていて、いつでも参照していますし、その度に新しい発見があってなかなかに深い本です。

また、三重円で運勢を占う方法も後半の読み方の例を記載している箇所に割と詳細に書かれていて、この本一冊あれば西洋占星術にかなり詳しくなれます。

私はまだ小惑星だとか、ドラゴンヘッド、パートオブフォーチュンなどの感受点についてはペーペーですし、ホラリー占星術などの様々な様式については全くの不勉強なのですが、松村先生の本書を一冊熟読して体得していくうちに、応用がきいていく内容です。

特に、サインの部分は読んでいて面白いです。

カバラだとか数秘だとか、松村先生の知識の豊富さについていくのがやっとですが、とりあえず読み進めていくと、なんとなーく、12サインの特徴について自分なりにイメージが湧いていきます。
サインの部分、および天体の部分は何度読んでもわかったりわからなかったりなので、自分の中でどんどん咀嚼していく過程がとても面白いです。

西洋占星術に興味を持った方ならばぜひ、この一冊あれば基本的な読みができるところまではレベルアップできます。

その他の本についてもおいおい紹介していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください