【西洋占星術】金運シリーズ④他者の信頼を獲得しお金をもらうのは8ハウス

金運シリーズですが、お金を自力で稼ぐ才能は2ハウスと言いましたが、他者との関わりにおいてお金をいただくのは8ハウスです。

パラサイト、不労所得も第8ハウスといいます。

8ハウスに木星が入っていると「莫大な」遺産を相続するとも言われています。

2ハウスは自分でお金を稼ぐために使える才能、といいましたが、才能が発揮されるとどうしても「足りないところ」というのが他人の目についてしまいますね。
それが8ハウスのカスプに現れてしまうのですが、私たちはこの8ハウスのカスプを補って発揮して行くことで、他者はあなたのことを信頼し、「この人になら」とお金を与えてくれるのです。

なので、8ハウスのカスプのサイン(7ハウスと8ハウスの境目のサイン)は「あなたが他者からの信頼を獲得し、お金をいただくことができるようになるには何をすればいいか」を表しているのです。

こちらもエレメントで説明すると、

8ハウスのカスプのサインが。。。

火星座の場合。2ハウスのカスプは必ず「風星座」。
あなたは「人脈」「情報」「時流を読む力」を才能として与えられました。あなたはそれらを駆使してそつなくお金を稼いでいるでしょう。
ただ、あまりにも淡々と物事をこなして行くあなたに周りの人たちはともすると、やや冷淡なひと、という印象を持ってしまっているかもしれません。
なので、8ハウスのカスプである火星座の「情熱」や「行動力」を誰かのために発揮してみてください。
そうすると、あなたの熱い面に人々は信頼をし、あなたにお金を払ってくれるでしょう。

地星座の場合。
水星座の「共感力」「優しさ」を才能として与えられたあなた。
もちろん、これだけで人々はあなたを信頼します。しかしながら、人に共感したり感情を共有するばかりではビジネスとして成り立ちません。
なので、ちょっと現実的に動くことができる、考えることができると実行力を示してみると、あなたは優しいだけではなく、きちんと物事を現実的に実現することができるということがわかり、さらに信頼感のある人という評価をもらうことができます。

風星座の場合、水星座の場合は、それぞれ上記の「火星座の場合」「地星座の場合」の逆パターンと捉えていただければわかると思います。

また、8ハウスに天体が入っていると、他の方からお金をもらうということが人生に起こることが多い、ということになります。

2ハウスと8ハウスはお金に関して表裏一体の関係です。
「自力で稼ぐこと」と「他者からもらうこと」。どちらも意識してより良い豊かな人生を送ってください。

今日も読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください