よく恋愛における相性を聞かれるのですが、私は恋愛に関してはどういう相性でもアスペクトがあればある程度成立すると思っています。

二人の人の相性を見る場合はシナストリーという、お互いの出生図を重ねてお互いの天体のアスペクトを見ていきます。

スクエアの場合は葛藤が多く、すれ違いや衝突が多くなるとは思うのですが、恋愛は「なんかムカつくけどなんか気になる」という場合でも十分に成り立ちますし、合わない部分があるからこそ燃える、という人もいると思います。
むしろ、トラインや合のような、お互いに摩擦なく、同じ価値観でしっくりくる、という状態はなんだか物足りない、ということもあるかと思います。

これは私の持論なのですが、やはり個人の出生図において、月の状態がかなり重要な気がします。
出生図において、月がスクエアをたくさん持っている場合、もしくは月がトランスサタニアンとのアスペクトを持っている場合、生まれた環境がかなり複雑だったり本人にとって葛藤の多い環境だったりします。
しかしながら、月はそれを普通だと受け入れてしまうので、葛藤の多い状況が普通だと認識している場合があります。
その場合、やはり、恋愛においてもスクエア関係が多い相手の方が自分にとって受け入れやすいと認識して関係が成立しやすいのではないでしょうか。

なので、一概にスクエアだからダメ、トライン、合だから相性バッチリというわけにはいかないです。
意中の人とのシナストリーがスクエアたくさん、という場合でも諦めないでください。もしかしたらそっちの方があなたの求める刺激的な恋愛、ということもあるかもしれません。

これは個人の運勢を占うときにも使えて、出生図がスクエアだらけ、もしくはトランスサタニアンに個人天体(特に太陽と月)がめちゃくちゃタイトにアスペクト取られているといった場合、トランジットのトランスサタニアンがハードなアスペクトとってくる時期の方が元気に動ける、ということが多いように思います。

今日も読んで下さってありがとうございました。