【西洋占星術】3区分、4区分て改めて大事

西洋占星術では12星座を3区分、4区分で分類して考えますが、改めてこれは重要だなと感じる今日この頃です。

というか、星座の特徴を12種類覚えるよりもそれぞれの星座を3区分、4区分でどこに入るかを見る方がよっぽどシンプルでわかりやすいように思います。

3区分は活動宮、固定宮、柔軟宮、4区分は火星座、地星座、風星座、水星座です。

活動宮は牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座。
何か新しいことを始めるときに必要なエネルギーを持ったサイン。
固定宮は牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座。
動きを長いあいだ継続するために必要なエネルギーを持っているサイン。
柔軟宮は双子座、乙女座、射手座、魚座。
自分から動くのではなく、周りの環境に合わせて態度を変えていく柔軟性を持ったサイン。

火星座は牡羊座、獅子座、射手座。
精神的エネルギー、情熱、勢いを大事にするサイン。
地星座は牡牛座、乙女座、山羊座。
現実、身体感覚を重視するサイン。
風星座は双子座、天秤座、水瓶座。
知性、人脈、ネットワークを大切にするサイン。
水星座は蟹座、蠍座、魚座。
人々との感情の繋がり、情感情緒を重んじるサイン。

誰かを占星術で見るときに、主要な10天体のサインを確認したらそれらの天体が3区分、4区分でどこに属しているかをまず見るというのはものすごーく大切です。

私の場合は3区分だと活動3固定3柔軟4と結構バランスよくあるので、こちらは割とスムーズに行動できることを示します。
4区分になると火6地1風2水1とかなり火に偏っています。
なので、情熱を持って勢いよく動くことができるのですが、それがときとして現実的でなかったり、他の人の気持ちを全く考慮していなかったりということが起こります。

とはいえですね、こういった偏りは個性、ともとれるので、バランスがよければそれでいい、というものでもないんですね。

出生図で偏りがあったとしても、私たちは一人で生きているわけではないので、他の人たちの力をかりたり、他の人が持っている資質を学んだりしていく中で他の性質をうまく取り入れていけばいいのです。
そして、あなたが偏って持っている性質があるのでしたら、ぜひあなたの周りの、その性質を持っていない人のために役立ててあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください