皆さんは、夏休みの宿題、コツコツやる派でしたか?最初に一気に終わらせる派でしたか?それとも最終日にヒーヒー言いながらやるタイプでしたか?

私は最終日にヒーヒー言いながらやってまだ終わらない派でした。
しかも終わってなくてもけろっとしてるタイプでした笑。

さて、夏休みの宿題はですね、まさに土星的だなと思ってしまった話ですが。

土星はですね、そのサインとハウスで「あなたの隠れた資質のある場所」を教えてくれる存在です。
というか、土星があるサインとハウスはあなたがなんとなく「大人ってこういう人のことだよね」と思っている部分です。

例えばですね、2ハウスに土星がある人の場合、大人とは「お金を稼げる人間だ」と思っていることが多いです。
なので、2ハウス土星の人は頑張ってちょくちょくお金を稼ぎます。
というか、お金を稼いでいない状況にいると、なんかお前それでいいんかというプレッシャーを感じるので嫌々ながらも働いてお金を稼ぐのです。

なので、2ハウス土星の人は「お金ないお金ない」と言いつつちゃんと稼いでいますから、言葉通りには受け取ってはいけないのです。

お金ない発言は「自分が大人だと思っている人が持っている貯金額」に達していないからお金ない、と思っているだけなのです。

夏休みの宿題、という部分ですけど、土星のある部分はいつもプレッシャーを感じている部分なので、人によっては見ないふりー聞こえないふりーして逃げていることがあるのですが、あるとき、「お前いい加減にせーよ」とドカンと課題を与えてくる時期があるのですね。

それが、「サターンリターン」という土星が自分の出生図の土星の位置に帰ってくるとき、もしくはトランスサタニアンが土星になんらかの角度を取ったときなのですが。

なので、サターンリターンの時にヒーヒー言わないように土星の部分はちょこっとずつでいいので、頑張って行くと人生はもっとよく生きていけますよ。

今日も読んでくださってありがとうございました。