【西洋占星術】土星のアスペクトについて②

今日は更新が遅くなってしまいました。

土曜日はどうしても子供達と過ごす時間が多く、夫も家にいるのでなかなかパソコンに向かう時間が限られてしまいます。

さて、土星のアスペクトの続きです。

太陽と土星のアスペクト。
太陽は人生そのものを示し、あなたの人生で達成したいことを表します。
そこに試練、訓練を示す土星がアスペクトをとる、ということはあなたの太陽が輝貸せることは一朝一夕にできることではなく、長い期間努力を継続することが求められることを示します。
同時にその努力を継続した結果は大輪の花という形で必ず実を結びます。
まさに大器晩成型のアスペクトといっていいでしょう。

火星と土星のアスペクト。
火星は積極性や攻撃性を表します。
対外的に自己主張を行うときに出てくる性質を司ります。
そこに土星がブレーキをかける形となるので、積極的に行動をすると、他者からの横やりが入るということで出てきます。
火星の積極性と土星の抑制力、この二つのバランスをうまく取って、自分にとって心地よい塩梅を見つけて行くのに時間はかかります。
ですが、年をとるごとにそれらの調整がうまくできるようになります。

前回の記事と以上が個人天体との土星のアスペクトの影響をざっとあげていきました。

土星のアスペクトは若いうちには自分は普通にしているのに、なぜか土星の抑止力が働いて、心身ともにしんどい思いをすることがありますけど、私たちは土星に怒られないように、とか、土星の言ってることも渋々ながらやっていこうと行動していきます。
きっと、そうしているうちにみなさん「サターンリターン」あたりで「あ、土星の言ってることも一理あるな」とアハ体験のように納得し、土星を克服すべく努力をし始めるのだと思います。

そして、土星は努力をすれば必ず報われる天体なので、私はものすごく好きな天体です。

そして、土星アスペクトに苦しむ方に一言。

「土星アスペクトが多い人は土星をいろんな天体の元で克服するので、土星期に入った頃に多くの天体があなたの人生を華やかに彩ってくれます」

これってとても希望のある話だと思いませんか?

みなさんの人生は人生の前半で全貌がわかるような簡単なものではないのです。

私も土星はカイトの一角、そして、セミヨッドの頂点を担っているキーとなる天体ですので、自分のこれからに期待しています。

土星と木星以降の天体とのアスペクトはまた次回です。

今回も読んでくださってありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください