【西洋占星術】私の土星に太陽冥王星が重なってた子

今まで知り合いになった人達のホロスコープをズラッと出していくとなかなかに面白い発見があります。

私が大学を卒業して働き始めた頃に出会った女の子がいるのですが、その子は今でも時々私に連絡をくれる、私にとって大切な友達です。

私は高校生くらいまで、かなり母親に価値観を押し付けられていて、大学卒業してないとダメ、とか、女性でも男性に頼らずに一人で生きていけるくらい稼げないとダメ、とか、「女」を出してはダメとかそういったことです。

それは、まだまだ成人にならない子供二人を残して夫(私の父)が先立ってしまい、義理の家族から何かと嫌がらせを受け、身もふたもない言い方をすれば何の取り柄もない普通の専業主婦だった母が生きていくことの大変さを私に教えてくれていたのだと思います。

そして働き始めた頃に出会った女の子。その子はとっても可愛くて、女性としてお洒落を楽しみ、女性っぽい(女らしい)ファッションを身にまとい、メイクもアイメイクもリップもバッチリな女の子でした。

彼女は自分の「女」も弱さも自分のものとして受け入れていて、私にはものすごく衝撃を受けました。

彼女は仕事も真面目だったし、私にもとても好意的に接してくれたので、私は彼女のことを好きになりました。
なのに、心のどこかで素直になれなかったし、彼女に対してものすごく嫉妬している自分がいるのもわかっていました。

ホロスコープを見てみたら、彼女の太陽と冥王星(合)がぴったり私の土星に乗っかっていたんですね。
その星座は、なんとなく察しがつくかと思いますが、蠍座です。
びっくりびっくり。

今思えば、彼女のセクシーさとか、彼氏に対して素直に甘えられるところとか、私のプライベートにずかずか入り込んでくるところとか、私が苦手だって思う部分を彼女は持っていて、それが私のコンプレックスをものすごく刺激していたんだと思います。

彼女はきっと私にコンプレックスを味方につけることでもっと生きるのが楽になるよって教えるために出会った天使のような存在かもしれません。

彼女にサターンリターンの前に出会えたことは私にとっての大きな幸福、セレンディピティだったと思えます。

今日も読んで下さってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください