【西洋占星術】金星水瓶座の男性について

いつかのブログにも書きましたが、私の夫は金星が水瓶座です。
私の金星火星の合とオポジション、私のリリスと合なので、恋愛面においてはかなり縁があったんだろうと思います。

さて、金星水瓶座の夫を見ていて思ったのは、金星水瓶座の男性はとかく感情的な女性が苦手なんだな、ということです。

水瓶座はそもそも革新や改革、自由、友愛、博愛主義を表すサインですが、その前提として、周囲に対して人間としてmatureであること(成熟していること)、知性的、理性的であることを強く求めています。
それぞれの個人が人として十分に成長した上で個々の個性や思想を尊重しようというのが水瓶座の意味する博愛や自由。

射手座(守護星木星)のような、なんでもオッケー、拡大オッケーという寛容さを含む自由、愛とはちょっとだけ意味合いが異なるのです。

まあ水瓶座の副守護星は、天王星が否定する土星ですので、水瓶座には革新的な一面がありながら厳格性も持っているため、このような特徴を持っているのだと思います。

なので、割と金星水瓶座の男性は最初の印象がソフトでありながら、異性に対する要求はかなり高いのではないか、と思います。
その要求内容は、蠍座的な徹底的な融合、合体ではなく、どこまでいっても交わらないこと、お互いの独自性を絶対的に維持する、ということなので、こと恋愛においてはかなり難易度高い感じがしますね。
金星水瓶座の男性が好きになった方は、感情のコントロールをうまくできるように心がけるか、もしくは彼以外に感情をぶつけるはけ口を用意しておいた方がいいかと思います。
間違っても自分の中の感情のドロドロを彼にストレートにぶつけないように…。

うちの夫はこれに加えて月が天王星とオポジションなので、結婚してからも割と俺は俺、お前はお前、といった感じです苦笑。
仕事人間で平日に関しては放置プレイ気味です。
(その割に火星は蠍座なので変なとこで束縛があります。金星火星のスクエアに関しては今度書きたいなと思います。)

ただ、感情的なベタベタはあまりないですが、「こんなこと他の人には言えないな」みたいなちょっと一般的ではない考えを話しても全く動じずに「ま、そういう考え方もあるよね」と受け入れてくれるので、話し相手としてはとても感謝しています。

今日も読んでくださってありがとうございます。

1 thought on “【西洋占星術】金星水瓶座の男性について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください