【感想、ネタバレ注意】昼顔を観てきました

映画「昼顔」を観てきました。

感想としては、序盤でなんとなく展開がほのかに示唆されていて、終盤から怒涛のフラグラッシュ。

私はとにかく最終的に自分の予想を外してほしくて心臓が痛かったです。。。

ネタバレ注意と書いたので書きますが、なんで北野先生……。

不倫に関してはとにかく私はノーサイドです。
私自身はなってみないとわからないし、夫がそんなことになってたらもちろん悲しい。
でも、不倫をしている人に話を聞いて不倫する奴はサイテー地獄に落ちろなんて思わないし、不倫の末に幸せになった人も知ってるから結局どっちつかず…。

紗和が働くことになる海辺のダイナーのオーナーが途中紗和をなじるシーンがあるんですけど、そこのセリフはごもっともと納得はしますけどね。
のりこさんも劇場版では感情面においては同情を得られるのではないでしょうか。やってることは怖いけど。自分がああならない保証ないですわ。

配偶者や子供、自分が大切だって思ってる人達を傷つけて、将来の進路さえ大きく変更させてしまうような行為…やはりここで私はうん、私は今の幸せを選ぶわって結論になります。

映画としてはどうなんでしょうね。
結末は紗和の序盤の「北野先生がいっそ死んで仕舞えばいい」ってセリフでほとんどわかっちゃったようなもので、後はまあどうやってそこまで行くかって感じだったのが自分としてはやや不満。
というか、やっぱフジ的な展開だなーと若干冷めてしまった…。
のりこさんの車に北野先生が乗ってからはもうそのシーンがいつ来るかが怖くてほぼスクリーン観てなかった…。

とはいえ上戸彩さんは相変わらずカワイイし、斎藤工さんもカッコいい。伊藤歩さんは劇場版でもその狂気じみた雰囲気はバッチリ伝わってきました。

星つけるとしたら3つくらいですかね。

今日も読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください