【西洋占星術】トランシットの海王星の影響を受けた知り合いの話

海王星は癒し、夢を司り、陶酔した状態は海王星の領域です。

良い方向に使えば人々に希望を与え、芸術や詩作といった分野で活躍することができます。
それは、潜在意識、集合意識にさらされた個人的領域を、たくさんの人のために奉仕的に使うことを求められます。

海王星のアスペクトの強い人は、直感が優れていたり、周りの人の感情に敏感に反応できますが、それは人を良い方向に導くという「役目」を負わされているのだと自覚した方がいいです。
いわば、かなり強い、悲観的とも取れる言い方をすれば他者への奉仕、という犠牲を負わされたとも言えるのです。

海王星の力を自分本意に使おうとすれば、海王星はあなたの夢を本当の幻に変えてしまうでしょう。

私が占星術を知る前に起こった出来事ですが、私の友人の話をします。

彼女は華奢で、顔立ちは普通でしたが、独特の雰囲気を持った女の子で、ある種の男性からとてもモテる子でした。
しかしながら、彼女の初恋の相手には全く相手をされず、その人とは特に何もなく大学時代が過ぎ去り、彼女はやがて全く違う男性と結婚し、子供をもうけました。
初恋の相手の方も他の女性と結婚して幸せに暮らしていました。
その間、初恋の相手とは全く疎遠出会ったと思います。

しかし数年前、私のところに突然彼女から連絡がきたのですが、「私にとってはやはり初恋の人が運命の人。今までの人生を捨てて彼と一緒になる。」と。

私は彼女と会って話を色々と聞いていたのですが、別に初恋の相手と再会したというわけでもなく、ただ、勝手にそういう感情が湧き起こったらしい。

しかも、初恋の相手(彼はかなりのモテ男で交際相手も相当多い)は色々と恋愛を積み重ねているが、彼の孤独をわかってあげられるのは私だけ、どうして彼はわからないのか。
と結構な思い込みにやられている様子でした。

その後、彼女は初恋の相手の連絡先をSNSで探し出し、愛の告白をしたらしいですが、さすがに撃沈したようです。

で、最近になって彼女のホロスコープを拝見したのですが、数年前はトランシットの海王星が彼女のN太陽にオポジション、N月にコンジャンクション、N木星にスクエアと、海王星の幻が彼女を取り巻いている時期なのでした。

また、彼女自身、出生図において、個人天体に海王星がアスペクトをとっているので、もともと夢見がちなところがあったのだと思います。

私も海王星のアスペクトは結構強い人間なので、そっちの方向に引っ張られないよう、自律を心がけなければです。

今日も読んでくださってありがとうございます。

2 thoughts on “【西洋占星術】トランシットの海王星の影響を受けた知り合いの話

  1. 調子に乗ってコメント連投すみません(しかも前の記事に)。
    遡って読んでいたら、海王星の記事を見つけたので^^;

    私も出生図に海王星のアスペクト、ありました。
    火星と合
    月と120度

    火星は射手座の始まりで海王星がさそり座の終わり、なのでサインは変わるのですが。

    そして今、ネイタルの太陽にトランシットの海王星が合。

    なにか有りそうな??
    いいイメージで進みたいと思います!

    1. dingoさん

      個人天体と海王星がアスペクトを組むと、見えないもの(スピリチュアルとか芸術とか心理とか)との繋がりが強くなる傾向がありますね。
      見えないものに対するアンテナを持っている状態ですので。

      海王星は大きな力を持った天体ですので、ぜひ後押ししてもらって、いい波に乗れるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください