【西洋占星術】天秤座さんは自己防衛する

天秤座さんといえば、社交的で人当たりが良く、対人関係に長けていてコミュニケーションの達人、のような言われ方をしています。

実際天秤座さんは柔和で物腰が柔らかく、いつもニコニコと笑っている優雅な人が多いです。
多くの人の意見を聞いて、場の空気を清浄にしてくれる空気清浄機のような存在が天秤座さん。

しかしながら、一方で、こんなに人に優しいように見える天秤座さんにも「冷たい」「表面的」「八方美人」と感じる人もいらっしゃいます。
水星座さん、特にスクエア関係になる蟹座さんは天秤座さんのこのそつない対応力に人の情が欠けていると感じるのではないでしょうか。

天秤座さんのこの人当たりの良さ、というのはある種の防衛本能だったりするのです。
人の一生を星座で例えるならば、天秤座さんは社会人一年目、乙女座で個人としての成長を果たし、社会の一員としてデビューするサイン。
社会においては誰と一緒に過ごすのか、どのグループに所属するのかが一生を大きく左右する要因ですので、誰を信じ、誰とは距離を置くのか、というのはサバイバルにつながる重要な要素。
天秤座さんはなので、まず、周囲にどんな人がいるのか、というのを観察する。

天秤座さんはとりあえずものすごくいい顔をして目の前にいる相手が果たして信じられる人なのか、それともそうではない人なのかを常に判断しています。
心の中の天秤が相手の器量を測っているのです。
その意味で、人によっては天秤座さんと話している時に常に「試されている」と感じることもあるかもしれません。

天秤座さんも心の奥底では蟹座さんのように素直に喜怒哀楽を表現したいと願ってはいるのです。
でも、もし自分の感情を受け入れてもらえなかったら、もし、自分の気持ちを言って相手に傷つけられたら、と思うとどうしても二の足を踏んでしまう。

そつなく見える天秤座さんですが、実際はとても弱い部分を持っています。
それを見られないようにものすごく努力するので、天秤座さんが落ち込んでいる姿はあまりみる機会がないかもしれません。

天秤座さんは、「信じられる誰か」を常に探し続けている星座でもあるのです。
ある意味、とてもロマンチストな星座なのです。次に続く蠍座の段階に進める、あなたとだったら一緒に死んでもいいと思える人をずっと探しているのです。
そして、探し続ける旅が終わってその「誰か」と常に一緒にいて生きるも死ぬもあなたと一緒というくらいの究極の一体化をする蠍座へと移行します。

今日も読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください