プログレス法では、自分の内面がどのように変化するか、ということがわかる、と言われています。
その中でも、感情を表す月、の位置はあなたが今、どのような気分なのか、どのようなことを日常として行うのか、ということを表しています。

私の進行の月はつい最近12ハウスに移動しました。

ちょっと前までは11ハウスにいたので、人間関係を自分なりに活発にやっていて、友達とのランチ会に行ったり、幼稚園の父母会にも積極的に参加したり、と外交的なことを自発的に行っていました。

で、12ハウスに移動したあたりは結構なギャップがあって、人が多い場所に行くよりは家でゆっくりと本を読んだり、自分の体のメンテナンスを行ったり、家の掃除をしたりと子供の送り迎え以外は家にいる、という日も多くなりました。

私はこれはトランジットの火星が蟹座入りした影響だとばかり思っていましたが、進行の月が12ハウス入りしたことも強く影響しているかもしれません。

進行の月が12ハウスに入る時期は、ここ約30年の心の成長の終期を迎えて入る、ということで、次のサイクルが入る前の総まとめの時期、といえます。

30年弱の月の一周の間に自分が行ってきたことを内省し、それを自分の血や肉として取り込み、次の新たな自分の道具、武器の一つとして会得して行く期間。

進行の月が12ハウスに入る期間は、一人きりの空間に引きこもり、自分自身の内面に向き合い、自分の無意識にある感情や感覚を表面まで上げて行く、そしてよりクリアでポジティヴな感情(突き詰めて行くとそれは愛や奉仕といったものなのですが)へと昇華して行く、という作業と同時に、消化された感覚でもって他者を助けるという作業を行うといいようです。

何か新しいことを始めるのにはモチベーションが上がらないので、のんびりと過ごしていいのではないでしょうか。

進行の月が2年くらいしたら1ハウスに移動するので、そうすれば嫌でも新しいことを始めることになるでしょうし、今まで頑張ってきた自分自身をいたわってあげるいい機会と思って、ゆったりとした時間を過ごしてみてください。

今日も読んでくださってありがとうございます。