【映画感想】海街diary

アマゾンプライムで発見して「海街diary」という映画を観ました。

鎌倉に住む、幸(綾瀬はるか)、よしの(長澤まさみ)、ちか(夏帆)の三姉妹。

彼女たちの両親は離婚し、父親は家を出て、残った母も祖母との折り合いが悪くなり北海道へと行ってしまったため、三人で暮らしています。

ストーリーの冒頭は出て行った父親が亡くなったと聞き、葬儀に参列するために山形へと行くのですが、そこで異母姉妹のすず(広瀬すず)に出会います。

実は生き別れた父親はすずの母親とはまた違う女性と山形で暮らしており(すずの母親はすでに病死)、すずは身寄りのない状態になってしまいます。
それを知った幸は、すずを鎌倉の家に引き取り、4姉妹での生活が始まります。

昔は日本映画はあまり好きではなく、「プラダを着た悪魔」や「SATC」のような軽い感じのキラキラした映画が好きだったのですが(いかにも獅子座金星といった感じです笑)、最近は日本の普通の静かな暮らしを描いた作品が好きです。

それにしても4姉妹全員べっぴんさんでこんな姉妹いるんかい!って思いながらのんびりと鑑賞しました。

しっかり者の幸、恋愛体質の佳乃、おっとり屋のちか(個人的に彼女の描写が少なかったように思います)、末っ子ながら複雑な環境に身を置いていたために子供時代を奪われてしまったすず。
性格が全く違うため、喧嘩をすることもしばしば(主に幸と佳乃)ですが、4姉妹が浜辺をあるいたり、馴染みの食堂に行ったりするシーンはなんでもないシーンなはずなのに幸せに溢れていていいなあって感じました。

大竹しのぶさんも樹木希林さんも相変わらずスクリーンに映っているだけで空気感を放つ素晴らしい女優さんですね。
特別美人ってわけではないですが(自分のことは棚の高〜いところに置いといて)存在感というか、なんだか説得力のあるお二人です。

すずがだんだんお姉さんたちに憎まれ口を叩くようになって行くところや、鎌倉の習慣を覚えていくところは、すずは鎌倉に来て本当に良かったなーとほっこりしました。
まあ、すずをあんなに当たり前のように受け入れる3人が現実にあんなにすんなりいくのかしらとか思わないでもないですけども。。。

でも、夜、ゆったりした時間を過ごしたいなーというときに観る映画としてはとても良かったと思います。
広瀬すずちゃんはやっぱり美少女ですね。あんな顔になって高校時代をもう一度過ごしたい笑。

今日も読んで下さってありがとうございます。

4 thoughts on “【映画感想】海街diary

  1. 映画も観たけど、もともと原作が大好きです!
    映画はかなり端折ってますね(^o^;)
    現実だと、もっとゆるゆると鎌倉の環境に溶け込んでいってますよ。機会があればぜひ読んでみてください♪

    ところで、
    鑑定お願いしてみたいなぁ、と思うのですが、まだ受付中されてないんでしょうか?

    1. dingoさん
      コメントありがとうございます(^^)
      原作は映画を観た後、本屋で買ったんですけど、他の本を先に読んでいてまだ読んでいないんです(^_^;)
      原作の方がお好きなんですね。読むのが楽しみです。

      鑑定については、自分がまだ不勉強に感じて踏み出せずにいるのですが、思い切って今月中に初めてみようかと思っています。
      申し込みフォームなど用意しますので、今しばらくお待ちくださいm(__)m

      1. 鑑定スタート楽しみにしてますね♪

        海街diary、映画は映画で好きですよ!ただ、原作読んでから見たほうが、なるほどー、と納得できるというか。
        原作の世界観はものすごくよく現れていたし、女優さんたちも本当にお上手だったと思います。

        1. dingoさん、

          結構境遇をきくと大変な主人公たちなのに重すぎず時間が流れていくのがいいですね。
          原作で映画の隙間を埋めていくのが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください