【西洋占星術】海王星と個人天体のアスペクト(水星金星火星)

今日も「虹色のホロスコープ」にご訪問いただきありがとうございます。

海王星と個人天体のアスペクトについての続きです。

海王星と水星のアスペクトですが、これは水星の司る思考や話し方に水星の影響が入ります。
見えない潜在意識や夢の世界が水星にインスピレーションを与えるため、話していることや、書いている内容がとても想像力豊かで美しい、人に夢を与えるようなものになります。
具体的であったり現実的なことを考えるのはやや苦手になります。考えれば考えるほど海王星の夢と幻の世界が広がっていくため、思考がどんどんぼんやりと曖昧になっていくためです。
それでもうまく扱えれば、詩作や芸術、創作にとても向いているアスペクトとなります。
悪く出るとその人の言っていることのどこまでが現実、もしくは本当で、どこからが虚構、嘘なのかがよくわからないということになります。言っている本人も認識できていないことも多いです。

金星と海王星のアスペクトは金星が美や芸術、といった形で出た場合は芸術的な感性がとても優れているということになります。芸術的センスを求められる職業の人にはこのアスペクトはかなり有利に働きます。
個人的な美の感覚が集合意識(海王星)と常にアクセスしているので、自分が美しい、いいと思って作った作品が多くの人々からも評価されるということにあります。
金星が社交といった面で発揮された場合は、察しのいい人ということになります。周りの人がどのように自分のことを思っているかを感覚的にわかることができるので、モテる人も多いでしょう。
金星が金銭感覚、快楽といった場合に出た場合は浪費、他にもあらゆることにルーズになってしまわないように注意が必要です。

火星と海王星のアスペクト。火星は行動力、やる気、熱意です。海王星的な事柄に対して火星がその行動力を発揮することになります。スピリチュアルに強い興味を示したり、その結果サイキックとしての才能を持つ人もいます。
また、海王星の描く夢に対して火星がその行動力を遺憾無く発揮するため、これだ、と思って突き進んだ夢が実現しやすいという方も多いです。
火星と海王星のアスペクトがある方は、芸術的スポーツ(バレエですとか、ダンス)が向いているようです。うまくこのアスペクトを利用してください。

今日も読んでくださってありがとうございました。

2 thoughts on “【西洋占星術】海王星と個人天体のアスペクト(水星金星火星)

  1. 息子の虚言癖は水星海王星が重なっているせいだったんですね・・。サラッと自然に嘘をつくので、見破るのが困難です。

    私の占い好きは火星と海王星ですね。ただダンスはハンパなく苦手ですが(笑)

    1. dingoさん
      コメントありがとうございます。

      水星と海王星が重なっている場合は、無意識になんとなく思ったことを話してる感じになるかもしれませんね〜。場の空気とか印象にすぐに染まってしまうので、その日その日で考え方や言うことが変わる感じになりますね。
      息子さん本人に嘘をついてる自覚がないかもですね。

      火星海王星のアスペクトは海王星の魅せる不思議な世界に火星が飛び込んでいく感じになります。奥の奥まで見てみたいと、好奇心が満たされるまで火星が頑張ります笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください