今日も「虹色のホロスコープ」にご訪問くださいまして、ありがとうございます。

今井絵里子さんの不倫報道には思わず「相変わらず海王星は力を発揮しているな」と思ってしまいましたね。

彼女と私は生まれが3日しか違わないので月以外は似たような配置になります。
あ、太陽もサイン違いですね。

今井絵里子さんは太陽が乙女座。
出生時間が不明なのですが、月は高い確率で魚座。
そこに射手座の海王星。
ネイタルで太陽、月、海王星のTスクエアがあります。

公的な活動とプライベートの性格が全く異なる上に、海王星がこの二つをバランスを取るために働きかけます。
海王星がバランスを取ろうとすると「まあまあいいじゃな〜い、思うように動いていいのよ〜」と問題を見えにくくするというややこいことになりがちですが、今井絵里子さんの「政治活動を真面目に頑張っていこう」という乙女座的な部分と「でも、世の中って愛があってなんぼでしょ。愛のない世界なんて私にとっては価値がないの」という魚座的な部分に射手座海王星が「いいんじゃな〜い」とテキトーなことをかましたわけですね。
(射手座は守護星が木星なだけあって寛容。なので射手座海王星は他者に対して過度の寛容さを持つことになります)

しかもトランジットの海王星も魚座にあって、これが感情を司る月に乗っかってくるわけですから、自分が今どんな気持ちなのかを考えば考えるほど自分以外の人の気持ちも入り込んでくる、自分の気持ちがよくわからない混乱状態に陥ってしまっていたと思います。

現在思考を司る水星に海王星がオーブ5度以内オポジションに入ってきました。なので、周りの人の言動によってものすごく混乱させられます。

今井絵里子さんは柔軟宮が多いのでなおさら海王星の影響を受けます。(10天体中6天体が柔軟宮)

私個人としては、今井絵里子さんは政界入りした時にかなりのジレンマがあったと思うんですよね。
政界の人たちには「シングルマザーの代表として」とか「障害を持つ子の母親として」世の中を変えていこう、政治のことはこれから勉強していけばいいじゃないですか、と、担ぎ上げられてしまって、
政界以外の人たちには「ずっと芸能界で活躍していて政治のことなんて何も知らないズブの素人」「票取りだけのための出馬」と言われて。
まあ実際政治のことは彼女は素人同然だったかもしれませんけど、乙女座の真面目で奉仕的な面で「これから勉強しよう」と思ったことも太陽海王星スクエアの影響で「より良い未来のために頑張ろう」と思ったことも事実だったと思うんですよね。

でも、実際は自分の思ったように自分も周りも動けない、ということに挫折感を味わったと思います。
Tスクエアは挫折の多い人生でそこから這い上がっていく力を象徴しているので、挫折によって今井絵里子さんはより大きくなっていく人なのです。

政界にも世間にも「甘い」と叩かれる中、今回話題になった市議会議員は唯一頼れる味方になってくれてたのではないですかね。
最初は政治的素人の彼女に色々と指導してくれる公的な面において。で、だんだんプライベートのことでも打ち解けていくようになった。

今井絵里子さんの葛藤や挫折を考えると、彼女には彼女の初心を貫き通すための味方が必要だったのでしょうね。

不倫どうこう、ではなく、今井絵里子さんの内面の苦しさを思うと自分は似たようなアスペクトを多く持つものとして彼女のこれからにエールを送りたい気持ちになります。

今日も読んでくださってありがとうございます。