ホロスコープの勉強をするのなら

ホロスコープの勉強をする際、最初は本から入るのがオススメです。

ホロスコープに関しては最近松村潔先生、ルルラブア先生、鏡リュウジ先生をはじめとして、たくさんの先生が書籍を出していらっしゃいますし、内容も一冊読み込めば12サイン、12ハウス、10天体、アスペクトについての大体の知識は網羅されているからです。

そして、この先生方は実際のホロスコープを解読してきた数が膨大ですし、経験値が違います。私は鑑定を行う際に特定の自分にないアスペクトでイメージが膨らまずにウンウン悩むときは書籍を参考に自分のイメージを膨らませていきます。

オススメの基本書はこちら

ルルラブア先生の本は今月新刊が出るようなので、待ってみるのもいいかもしれません。

あとは石井ゆかり先生の本もオススメですね。
石井ゆかり先生のご本は語り口が優しくって、夜寝る前に読むベッドタイムストーリーのような感覚で想像力を掻き立てられるものが多いです。
インスピレーション、イマジネーションはホロスコープ解読の際に絶対に必要となる能力なので、石井ゆかり先生の本で鍛えてみるのも面白いかもしれません。

なぜこんなことを書いたかというとですね、私はよく占星術の講座を受講するのですが、やはり、はっきり言って講座って高いものが多いですよね。

もちろん、皆様真摯に勉強されて、ご自分の鑑定に自信があっての値段設定なのでしょうし、私があれこれ言えたものではないのはわかっています。

けど、払った分の知識がきちんと得られるような講座であればいいのですけど、はっきり言って、お金を出した割に基本的なことしか言ってなかった。これだったら松村先生の基本書にほとんど書いてあるやんけ。っていうような講座もあったりするんですよ。

で、最近は占星術に関しては上に挙げたような良書も沢山ありますし、ネットでもある程度無料で情報を得られるので、講座に関しては本当によくよく吟味して、真面目に占星術の研究をなさっている先生を選んだ方がいいと思うんです。

皆様の大切な時間とお金を少しでも後悔なく使っていただきたいな、と思いこのような記事を書かせていただきました。

私自身、まだまだ色々と勉強中なので、これはいいな、と思う本がありましたらまた紹介させていただきます。

今日も読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください