親の知らないところで子は育つ

こんにちは。今日も「虹色のホロスコープ」にご訪問くださりありがとうございます。

昨日は息子と娘の幼稚園で避難訓練があり、親も午前中に子供を引き取りに行きました。

そのついでにママ友さん達と子供を含めてのランチ会に。
クラスのほとんどが参加したので総勢40人くらいでした。

うちの息子は以前にも書いたかと思いますが、一人での作業(工作やピアノ)がとても好きで、遊ぶのもパズルとか積み木、プラレールを一人で遊ぶのが好き。
よく年少の頃はお友達と喧嘩をしたとか、友達のことを押したり噛みついたりしたと幼稚園から電話がかかってきてお友達に謝りに行くということもままある子供でした。

なので、割と子供参加のランチ会が苦手だったんです。
息子を監視して注意しなければーという気持ちが強くて、のんびりご飯も食べられないし、他のママ友さんとも喋れない。
ママ友さんにも他のお友達にも「あのママ、また怒ってる」と思われてそうで気が休まらない。。。

だから、ランチ会は基本子供抜きがいいな〜とか思っていたんですよね。

ですが、昨日は全然違って。
占星術を勉強してからは、自分の息子に対する見方も変化したのでしょうか。
もう子供の気質はこんなものだと受け入れて、でも成長とともにある程度変わるだろうと楽観的に見られるようになったし、息子の月のハードっぷりを見て、自分が子供を支配するのではなく、私自身のこととちゃんと向き合うことで息子に接しようと思うようになりました。
そのため、以前よりかなり放任、少し距離を置けるようになりました。

また、息子も大きく成長していて。
相変わらず一人遊びが大好きなのですが、できたものをいろんな人にプレゼントしたり見せてあげたりして交流を図るようになりましたし、時間はかかるけど辛抱強く友達とコミュニケーションを取れるようになってました。

月山羊座の仕切りたがりがまだまだ顔を出して状況をコントロールしたい、相手を思い通りに動かしたいという姿勢もありますが、それを少しマイルドにやって行くこともできるようになりました。

知らないうちに子供は成長しているんだな〜と結構感動しましたね。
昔は大人が中間に入らないと子供同士のコミュニケーションが成り立たなかったのに、もう子供同士で会話してる!と些細なことで驚いてしまいました。

こないだ生まれたと思ってたらもう来年小学生ですものね。

あと半年の幼稚園生活を息子にも楽しんでもらいたいです。

今日も読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください