自分の使命はなんですか?という質問に関して

こんにちは。今日も「虹色のホロスコープ」にご訪問くださり、ありがとうございます。

今日の記事はやや辛口となっておりますので、ご注意くださいませ。

時々、ホロスコープ鑑定などで、「自分の使命はなんですか?」とか「自分がこれからやったほうがいいことはなんですか?」と聞かれる方がいらっしゃいます。

私はこの質問を受けると時々、「人生のあれこれをすっ飛ばして使命の部分さえわかってやってれば自分の冴えない人生どうにかなる、一発逆転ホームラン!って思ってない?」と思うことがあります。

(あくまで、この「使命」とか「役割」とかこういったかなりたいそれたワードに対する警戒心です。私はアトピー商法で多くの人にアトピーの人には役目があるだのライトワーカーだの何だのかんだの言われまくってかなり、こういったスピ系ワードにアレルギーがあったりします、、、)

人生の使命は自分で気付くものなんだろうなと思うんですよね。
気づくまで、淡々と日常のあれこれを一つずつこなすしかないんだろうな、と。

で、この質問する方は、その奥底にある自分自身の本当の悩みや苦しみ、不安感と向き合っていないように思います。

ホロスコープにはサイン、ハウス、アスペクトをはじめとして、自分に関するたくさんの手がかりが示されています。
とはいえ、このホロスコープを活かすかどうかは結局のところ、ご自身の意識や行動がとにかく大事。

例えば私は小保方晴子さんと同じ生年月日で(出生時間はわかりませんが)、サイン、アスペクトはかなりの類似性がありますが、私は小保方晴子さんとは全く別の人生を歩んでいますし、彼女ほど有名人でもありません。

時々、私は某女性歌手と同じ生年月日で太陽冥王星アスペクトがあるからどうのこうの、とおっしゃる方もいらっしゃいますが、同じ生年月日というだけで成功が約束されている、というのはかなりアレな思考回路のように感じます。

なので、ある程度の指針というものはこちらでもみることができるのですが、具体的にどんな趣味を持てばいいか、恋人はできるのか、結婚はできるのか、というのはあなたの行動や意志に左右されるということをご理解ください。

望む人生を手に入れるためには一つ一つの物事を丁寧にやって、自分の自己肯定感、自己価値観を上げて、自分は望む人生を手に入れるに値する人間だと自分自身が信じる必要があります。

恋人が欲しいのなら、まず、誰かに受け入れてもらえるように自分を綺麗にすること。
この時誤解される方がいますが、別に美人になれ、とか、整形しろ、とか痩せろ、とかいうわけじゃないんです。
今の自分でなれる美人、綺麗な人になればいいんだと思うんです。

蜘蛛の巣が店内に貼っていて、なんかショーウインドウのガラスもひび割れしている、お店の電球も切れかけでチカチカしているようなお店で、埃まみれの商品を「これ、見た目はこうですけど中身はいいんです」って言われても欲しくないですよね?
やっぱり、毎日埃を払って、整理整頓して、店構えも綺麗でなるべく落ち葉とか店の前に積もっていないお店から買いたいですよね。

まずは自分の本心と向き合って、自分が何に不安を感じているのか、何を焦っているのか、を見つけるのがいいと思います。

ホロスコープは今の価値観と本質の自分とのズレを確認するのにとても役に立てますよ。

今日も読んでくださってありがとうございます。

2 thoughts on “自分の使命はなんですか?という質問に関して

  1. はじめまして。最近、アスペクトの検索でこちらのブログを見つけ、読ませて頂いています。はくちょうさんと同年代、占星術を習い始めて一年ほどです。

    たとえ同じ星をもっていてもそれだけでは決まらない、本人のあり方、ものの見方、ホロスコープの星の使い方等々で違ってくるというのはとても共感できます。それに星の解釈というのは非常に多面的なものですものね。

    一つ一つテーマごとに、読みやすく書いてくださっているので大変勉強になります。過去記事も含め、これからも読むのが楽しみです♡

    1. かすかべさん

      はじめまして、コメントありがとうございます(^^)
      私の感じたことに共感していただけて嬉しいです。

      私たちの「幸せに生きたい」という希望がきっと一番大切なんですよね(^^)
      私もホロスコープを学びはじめて一年半になります。
      これからも少しずつお役に立てる記事を書いていければと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください