【西洋占星術】太陽土星スクエア

こんにちは。本日も「虹色のホロスコープ」にご訪問くださりありがとうございます。

今、土星は射手座の終わりあたりにいって、山羊座に向けて射手座要素を最後にドバッと放出している状態です。

もしかしたら、柔軟宮に個人天体多い方は最後の抑圧を受けているかもしれません。

さて、うちの夫はここ一年、ネイタルの太陽にトランジットの土星スクエアをくらっていたのですが、お仕事面は確かにものすごいプレッシャーを受けていましたね。

毎晩毎晩帰りは遅いし、お仕事も部署が変わり今までやったことない職種になって慣れない業務や人間関係にあたふたして、普段愚痴とは無縁だった人ですけど、お仕事の話を色々と聞かせてくれるようになりました。

また会社から勉強会に参加するよう言われて、土日もセミナーというか、勉強会に参加。
一週間海外に勉強合宿にも行ったり、土日で国内の研修に行ったりと射手座の関わる分野「未知の世界に飛び込み見識を広げる」を一年間みっちりやっていました。

はたから見てもタフな一年間だったのではないでしょうか。

でも、夫はこの太陽土星スクエアはとてもうまく忍耐強く頑張っていたように思います。

部署が変わったというのも昇進した結果だったようで、まさにお仕事(太陽)に責任(土星)が加わるようになった結果ですし、勉強会でのことも今までの「なんとなく人の役に立ちたい」という魚座的な観点に、自分の知らない世界では何が起きているんだろうと射手座的要素を加えていくことで、さらにたくさんの人に共感できるようになったのではないでしょうか。

太陽土星スクエアをうまく乗り切るとこんな風に人生に責任や努力の結果をとしてご褒美があるのかなと思いました。

土星が山羊座に移ると次は私が太陽土星スクエアになります。

夫のようにうまく飛躍に続けられるように頑張りたいと思います。

今日も読んでくださりありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください