【西洋占星術】ハウスはものすごく大事と実感したこと

こんにちは。本日も「虹色のホロスコープ」にご訪問くださり、ありがとうございます。

ホロスコープ鑑定に若干の迷い、というか、自分の未熟さを痛感し、少しお休みをいただいております。
その中で、ホロスコープ鑑定をしている方に時々自分のホロスコープを読んでいただいているのですが、本当に玉石混交だな、と思いました。

値段と内容は全く比例していませんので、高い鑑定料を取っていて「えっ、この内容でそんなに取ってるの?」と感じているサイトもありますので、依頼する際は十分に注意してくださいね。

がっかりした鑑定の一つに、ハウスのことを全く言及していない鑑定がありました。

しかしながら、ハウスはものすごく大切です。

冬休み中、息子と娘は毎日公文の宿題とピアノの練習を欠かさずやっていました。
息子に至ってはそれだけでは飽き足らず、本屋さんに行ったらドリルを買ってやっていました。

これらは息子の山羊座の月による継続した努力をもちろん示しているのですが、かなり乙女座的な要素でもあります。

特に、ピアノの時にはヤマハの先生や私から、こんな感じに演奏してね、という要求にも健気に応えようと練習を繰り返してくれます。
ただただ、弾けるようになればいい、ではなく、先生や親の要求に応えようとする。
ここら辺の資質は乙女座的。

しかしながら息子は乙女座に重要な感受点、天体は全く存在していません。

その代わり、息子の場合、金星、土星が6ハウスにあります。太陽と水星も5ハウスの後半。
そのため、完成形、完璧に向けた努力をコツコツと欠かさない、という性質が出てきます。

息子はホロスコープ的に自分を表現する才能があり、芸術やスピリチュアルな職業が向いているので、それを伸ばしていけるといいなぁと思います。親バカですみません。

とにかくハウスは大事です。

今日も読んでくださってありがとうございます。

2 thoughts on “【西洋占星術】ハウスはものすごく大事と実感したこと

  1. はじめまして。
    つい最近こちらのサイトを知り どの記事も興味深く読ませていただいています。
    テーマごとに細かく掘り下げているのもとてもありがたいですし、
    書かれていることに共感することも多く、
    個人鑑定もしていただきたいなあと考えておりました。
    身勝手な希望で恐縮ですが いつか鑑定を再開されることを心待ちにしています◎
    今後とも更新楽しませていただきます〜

    1. oyさん

      はじめまして、コメントありがとうございます(^^)
      ブログを読んでくださってありがとうございます、とっても嬉しいです。
      ホロスコープ鑑定をもっと有機的に捉えていけるよう、頑張っていきたいです。ご期待に添えるよう頑張ります(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください