【西洋占星術】執念深いと言えば蠍座ですが

こんにちは。本日も「虹色のホロスコープ」にご訪問くださりありがとうございます。

さて、ここ最近、母親に激しく怒り、数ヶ月の間全く連絡を取っていないのですが、自分はここまで執念深いというか、感情を引きずるタイプだったのかだと自分に驚いています。

12サインでいうと執念深いと言えば蠍座ですね。
蠍座の本質は深い深い感情です。よく出れば海よりも深い愛情となりますが、悪く出れば怨念レベルです。蠍座の根底には恨みの感情があったりします。

私は水星座の天体が蠍座の土星しかないため、水星座の深い深い感情というものに縁のないタイプだと思っていたのですが、月と冥王星のタイトなオポジション、月と海王星のトラインをはじめとして月が全ての天体と角度を取っているためにかなり感情面では反応が良いようです。

月がカルミネート天体ですし、ICも蠍座なので、感情は激しいですね〜うん。

そして最近、母親との関係になんでここまで怒りを覚えるのか、ということも思い起こしてみたのですが、やはり私の執念深さに対して母親の対応がいかんようですね(私的に)。

母親は完全なる射手座ステリウムなので、射手座が強すぎます。そして、双子座も次に強いです。

なので、とにかく態度が軽いんですね。

私がイラっとすると、それを察知して逃げます笑。
とか、話し合うとか大っ嫌いでこっちが話しかけるとだんまりを決め込みます。

とにかく射手座と双子座はそのフットワークの軽さが武器なので、怨念レベルの重たーい感情は苦手の苦手、いの一番にトンズラします。

しかも、こっちはずーっと感情が未消化のまま引きずり続けるのに対し、向こうは時間が経てば何が起きたかすら忘れていて、何事もなかったかのようにけろっと話しかけてきやがるわけです。

それにもイラッとするんです笑。

それがもう34年も続いたので、もう今までの分の感情も昇華するまで向こうからアプローチしてきても無視を決め込むことにしました。

水星座さんたちの、の感情が限界まで行くとそれぞれの方法で敵を排除する、という習性が腑に落ちた気がします。

今日もお読みいただきありがとうございました。

2 thoughts on “【西洋占星術】執念深いと言えば蠍座ですが

  1. おつかれさまでした。
    たいへんでしたね。

    無意識の人って、ほんと、困りますよね。

    ひとりで怒ってると、こちらがバカみたいにみえちゃうし。

    わたしも、魚座2室に月土星。乙女座8室に金星天王星冥王星をもつ身なので、母親のしんどさはよくわかります。

    駄目とわかってるのに、切実に求めて、傷ついてしまう。

    しょーのないおばあちゃんとして、半笑いで接するくらい、強くなれればいいのだけど。なかなかね。

    わたし、はくちょうさんのブログ、楽しみしてるのですよ。

    いつか、わたしのホロスコープも読んでほしいな。

    ゆっくりと待ってます。
    ゆっくりと元気になってください。

    1. ねけさん

      こんにちは、コメントありがとうございます。
      私の愚痴だらけの文章にお付き合いくださりありがとうございました。改めて読み返すとかなり恥ずかしい文章です笑。

      なんというか、多分心の底で母親に対する期待って諦めきれないものなんだろうと思いますね。
      その意味では母親は一生特別。悔しいんですけど。
      こんなにムカついて、期待しても無駄なのわかってるのに、どっかで「でもいつかわかってくれるはず、寄り添ってくれるはず」という希望を捨てきれないんですよね。

      でも母親は私のこの複雑な感情を知る由もなく、「じゃあお母さんが嫌いってことなのねっ」って単純化してあーもう、っていやになったり。。。

      ねけさんは月が魚座でトランスサタニアンが乗っかってきてるので感情面の負荷すごそうですね。どうぞご自愛くださいね。
      2室月は五感の喜びを大切にしないとですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください