今あるものに気づこう

昨日は洋服の整理をしていました。

夏に気に入って着続けすぎてくったんくったんになったカットソーたちにお別れを告げ、レザージャケットやトレンチコート、ニットやダンガリーシャツなどを出していました。

街はすっかり秋冬の装いなので、この季節外出するとうっかり秋物を買ってしまう衝動にかられますが、何を買いたいかを明確にするためにも自分は一体どんな秋冬アイテムを持ってるかを吟味していました。

私はレザージャケットがものすごーく好きで、ライダースジャケットとか好きすぎて街でみるとうっかり衝動買いしてしまいそうになるのですが、というか、した過去がどうやらあったようで(苦笑)、ライダースジャケット2着も持っていました。

お久しぶりですって感じですけど、やっぱどっちも一目惚れして買っただけあって今でも好きな形でした(自画自賛)。

色はグレージュと葡萄色。
パーソナルカラーを診断してもらう前にもかかわらず黒を選んでないあたり自分でも黒は似合わないという自覚があったんでしょうね笑。

というより、私はアウターが人からもらったもの以外全部カラフルでした。

きっと色物が好きなのはちゃんと自分に似合うとわかっていたからなのですね(自画自賛)。

そんなことはいいのですが、洋服でもコスメでも家電でもなんでもいいんですけど、新しいものをゲットする前に、そもそも自分は何を持ってるのかを知るっていうのはとっても大切な作業です。

自分の昔の失敗で、クローゼットがぐっちゃぐちゃの頃、自分の持ってる服を把握できずに似たような服をたくさん持っていたことがあります。

そして、買うアイテムのテイストがバラバラで合わせるとなんかダサいというのもしょっちゅうでしたね。。。

これ、心の問題にとってもとっても大切なことですよね。
もっと素敵な自分になりたい、〇〇したい、という希望はとっても大切。
みんな未来への希望があるから生きていけるんです。

でも今生きてる自分とうまく折り合いつけて希望の自分に近づける?って考えた時、今の自分となりたい自分がかけ離れすぎてるってことも多々あるんですよね。

そんなときはまず、そもそも自分てどんな人?どんなことしてると幸せ?何が好き?って自分がどんな人間かを書き出してみる方が先。

みんな幸せになりたくて生きてるんだからね。
自分の幸せを尊重した希望にしないとあとあと辛くなっちゃうからね。

さて。服の整理の話に戻りますが、

今年はそんなに新しく買い足さなくても秋冬は持ちそうな感じでしたね。
もう流行り廃りを追うより自分の似合う服をちゃんと着てたい年代ということなのでしょうかね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください