こんにちは、本日も「虹色のホロスコープ」にご訪問くださりありがとうございます。

さて、よく相性のいい人や運命の相手、恋愛の最高の相性の人はどんなサインに天体入っている人なんですかという疑問があると思いますが。

もちろんある程度の正解はあると思うんです。

太陽と月、金星と火星のシナストリとか、エレメントの配分とかね。

でも幸せの青い鳥を求めて、いるのかいないのかわからない(もしくは今後確実に出会えるかわからない)理想の相手を探し求めるより、今近くにいる人との縁を大切にすることの方が確実に幸せに近づけるのではと思います。

出会ってくれた人がどんな人でどんな価値観を持っていて彼らの幸せはなんなのか。

自分と出会ってくれた人をよく知ることで人を見る目も養われるし、コミュニケーション能力も今以上に向上するし、確実に今後の人間関係が楽になるんだろうなと。

後は、自分が本当にソウルメイトを求めているのか、ということを見極める材料にもなります。

対人関係は生きていく上で欠かせないものですが、自分の求める人との関わり方がどの程度の深さや広さなのか、本当のところはよくわかっていない方も多いと思うのです。

まずは理想を追い求めることを休憩して、今自分を取り巻いている環境を受け入れるのが最も幸せを感じる近道なのではと感じる今日この頃です。

皆様の毎日が幸せに満ちたものでありますように。

今日もお読みくださりありがとうございます。