ちょっと前に話題になりました、アガサ・クリスティの「春にして君と別れ」を読みました。

実はこの本を読むのは2回目です。

学生時代にアガサ・クリスティにはまっていた時期がありまして、そのときに一度読んだのですが、主人公に母を重ねて読んでいて辛くなったことを思い出します。

主人公のジョーンは中流階級(旦那さんが田舎の弁護士)の奥さんで成人した子供が3人の中年の女性。

今までの人生を振り返ると困難もあったが自分の努力と機転でなんとか切り抜けてきたと自負していますが、末娘の嫁ぎ先から帰宅途中に足止めをくらい、今までの人生を内省することになる、といった感じのお話です。

アガサ・クリスティの作品ですが、殺人は起きません。

舞台もほとんど砂漠の中のホテルと周辺で起こるので(もちろんそれだけじゃありませんが)、なんというか、地味っちゃあ地味です。

でも怖いんですよ。

今までうまくやってきたと思ってたことが実は他の人にとっては全て裏目に出ていたかもしれないとしたら?

自分は他人のために頑張ってきたと思っていたのに、みんな自分の行いを感謝して歓迎してくれていると思っていたのに、実は周囲は自分を迷惑がっていたとしたら?

自分を客観視できないこと、自分以外の人が自分とは違う価値観を持っていること、他人のための行為が実は他人をコントロールするための行為かもしれないことを自覚できないってことがいかに恐ろしいか。

多分、ジョーンみたいな人はある程度の確率でいると思うんですけど、ジョーンほど極端にその傾向がある人は(私の母がこのタイプですが)、多分、周囲がものすごく辛くなると思うんですよね。

聞く耳持たないですからね。

抗議しても「あんたのためにやったのに、感謝の一つもできないのか」と逆に責められたり、「じゃああんたは私が全部悪いっていうのね」と逆ギレされたり。

ロドニーの最期のセリフはまさに私が母に感じていたことを代弁してくれたようなものでした。

というのが1回目の感想。

2回目に読むと、とはいえ、私はロドニーでもあり、エイブリルでもあり、バーバラでもあり、ジョーンでもあるんだな、と。

結局、何か行動をするときは周囲のあれこれを全く無視しで行動しなければいけない瞬間がある。

周囲の人の期待に応えられなくても、周囲の反対があっても、心のままに行動しなきゃいけない瞬間がある。

自分の中にも独り善がりで、自己中心的で、鈍感なジョーンがいるんだ、と2回目は自分も砂漠の中で自分の中にいるトカゲが這い出してきたようなゾッとした感覚に襲われました。

GW中はずーっとアガサ・クリスティを読んでいましたね。

やはり彼女の文章は人の心理をぐさぐさえぐってきますね。

私はポアロシリーズ、とくに「ナイルに死す」「オリエント急行殺人事件」が好きです。

時点で「アクロイド殺し」でしょうか。でもこれはちょっとズルくない?って最初読んだときは思ってしまいましたが。。。