amazonプライムでオススメに入っていたので、「ウォールフラワー」という映画を観ました。

私はエマワトソンがとても好きなのですが、この作品でもエマの知的で洗練された雰囲気がよく出ていました。

ストーリーは主人公のチャーリーは高校に入学するのですが、彼はいわゆるイケテナイ高校生。

引っ込み思案で授業で答えがわかっても決して手を挙げることができない内気な少年です。

ストーリーの序盤はいかに高校生活を平穏に目立たずにやり過ごせるかが至上最高命題のようになりを潜めています。

そんなチャーリーですが、パトリックという少年と彼の義理の妹サムと出会い、彼らとその友達、サム曰く「はみだしもの」の集まりの中で、少しずつ明るく、外の世界と関わるようになっていきます。

チャーリーは出会った時からサムに対して特別な感情を抱いていて、途中それが原因で仲間との関係がギクシャクしてしまったり、チャーリーは物語の冒頭から精神的にやや不安定で幻覚をみることがあったりと途中チャーリーの高校生活には波乱もあるのですが、チャーリーは周囲に大切にしてもらえていて良かったです。

国語の先生やお姉さん、両親など、チャーリーの周りの人はチャーリー温かい愛情を注いでいて、サムは不器用ながらも前に進んでいけてるんですね。

あらすじは割とシンプルでチャーリーの友達との関わりやチャーリーやパトリック、サムの心の傷を丁寧に描いていくので結構静かで地味な進み方なのですが、登場人物がみんな魅力的で俳優の方々の演技も素晴らしいので飽きずに最後まで観ることができました。