ネットニュースやSNSをみると子育てに関することってたくさんのってますよね。

私も子供が小さい頃は早く子育てが終わって欲しいとか、一人の時間が欲しいと思ったり、少しでも気が楽になりたくって子育てのハウツーを本やネットで探しまくったりしてました。

とにかく未知という状態が怖いから、あらゆる事態に対処できるように知識なり技能なりを身につけておきたいタイプの私。

いかにも乙女座っぽいですね。

起こった出来事に自分の頭で考えて対処する反応は水星星座にあらわれますからね、私は水星乙女座なのでそこがフルに動いていたんだと思います。

最近は子供達が日中幼稚園なり小学校に行くようになり、家にいるときも食事やお風呂も自分でできるようになると自分に十分な時間をとってあげられるようになりました。

そこで自分の体を大切にしてあげて(エステに行ったり、ヨガやマッサージボールを家でやったり)、

自分が小さな頃からずっと好きだったゲームやピアノを再開して、

新しい趣味として茶道をはじめて、

など、自分をケアすることに専念するようにしたら、子供達ってこんなに可愛かったんだと、子供をこれまで以上に愛おしく感じる瞬間がたくさん出てきました。

この間、息子と銀座ウエストでケーキを食べてたときに、美味しそうにケーキを頬張る息子をみて、あまりにかわいすぎて涙が出そうになって焦りました笑。

もう、この人(息子)、存在するだけで私を満たしてくれてるんだなって息子がキラキラした宝物にみえてきたんですね。

やっぱ、自分をまず満たすって大切なことなんだな、とはっとしましたね。

子育てが辛いお母さん、お母さんに限らず辛いことがあって抜け出せない人達にも、まず自分を大切にしてあげて欲しいな、と思います。

ちなみにこの教訓は私のホロスコープの中ですでに示されているんですね。

私のネイタルに水星はさっきも言った通り地球から見ると乙女座にあったのですけど、ヘリオセントリック(太陽を中心としたホロスコープ)でみると牡牛座にあります。

牡牛座10度でサビアンは「赤十字の看護師」

看護師は人を助ける大切なお仕事ですが、人のためと頑張り過ぎては自分が倒れてしまい、人の役に立つこともできないですね。

自分の軸を築き上げてはじめて人に差し出せるようになる、ということなんですね。

占星術の大家でいらっしゃる松村潔先生はヘリオセントリックでは水星が生きていく方向性を示すという意味でとても重要な天体としています。

皆さまもご興味があれば、是非ヘリオセントリックの水星を調べてみるといいですね。