いつも通り毎週の茶道教室に行ってお稽古が終わって講師の方に挨拶して帰ろうとしたところ、初釜へ参加しないかとお声掛けいただきました。

初釜では普段のお稽古では使えないような先生の宝物の茶道具やお軸などが見ることができたり、先生のお点前を間近で見ることができるとのこと!

是非是非行きたい〜。

やはり、上手な人のお手前をみて目標を作ってお稽古した方が上達するよなぁ、せっかくお茶習ってて、お茶会や初釜みたいな茶道にちなんだイベントに不参加なのはなんだかなあと思い、初釜に行きたいなあとは思っているのですが、問題があって。

初釜に着て行くようなフォーマルなお着物がない…。

紋付の色無地、訪問着や色留袖のようなものがないのです…。

祖母の形見の袋帯はもっているものの合わせるお着物がなくて、今から手に入れるのも難しい…。

安い買い物じゃないからどのみち購入するなら気に入ったもの、自分に似合うものを手に入れたいなと思うのです。

まあいろいろと悶々していたら、講師の方に「今度の初釜はフォーマルなら洋装でもいいですよ」と言っていただけて少しほっとしていますが、茶道をしているとお着物が欲しくなってしまいますね。