着物ってとにかくめんどくさいというイメージありませんか?

私はずっとそう思っていて、祖母が毎日着物を着ている姿に憧れはしても自分は着物を着る生活はしないんだろうなと思っていました。

だって一番下には肌着を着て、寸胴体型にするためにタオルなどで補正して、長襦袢を着て、長襦袢には腰紐や伊達締めを抑えて、着物着て、腰紐伊達締め帯板、そして帯と、でき上がりまでの行程が多すぎて。

着物着たらメイクも髪の毛もこだわりたいし。

しかも着物って、七五三や成人式、結婚式できるような着物って、派手じゃないですか。

私はいわゆる訪問着っていうのが苦手なんですよね。
紅白歌合戦の演歌歌手や園遊会に招かれた女性たちならまだしも、ああいうのを私が普段行くような場所に着て行ったら自分が落ち着かない。。。

と思っていたんですね。

ただ、最近、訪問着のような着物はみんな普段は着ないということを知り、普段着用、街着用に着る着物もあると知り、自分もそういう着物なら好きだということを知りました。

着物を日常的に着る家族がいるにも関わらずこんな初歩的なことを知らなかった自分が恥ずかしいです。。。

タイトルもで冒頭でも載せましたこの本は茶道の一年を通してイベントごとにその場にふさわしいお着物を紹介してくれていて、写真もとても美しいのでみていてとてもたのしいです。

イベントに行ったことがなくても、ああ、こういう場にはこの程度の格のお着物を着ていけば間違いないんだなと想像をするだけでもなんだかウキウキしてきます。

初釜や正式な茶会には訪問着や附下といった略式礼装、普段のお稽古には小紋や紬といったカジュアルな着物、といった感じ。

この本を読んだ感じ私は紬がとても好きなお着物だなと感じました。

着物に合わせる帯についても紹介してくれていますので、着物で難しいコーディネートに関しても参考になります。

本の始めで着物の格についての説明があったり、最後の方には着付け方や誂えに関しても書いてあるので、お着物に関して困ったときはよく参考にしています。

お茶の季節ごとのイベントやお稽古着のポイントについても触れているので、お茶のお稽古が楽しみになります。