最近読み終えた本。

昔は源氏物語を楽しみながら読みましたが、自分も歳を重ねたせいか、光源氏のいつまで経っても成長もせず見境なく手を出す姿に結構ひき気味でした。

こちらの本では源氏と関係した女性に関して夜のことにフォーカスしていかに光源氏がやりたい放題の鬼畜だったかという点が詳らかに書かれています。

私はとにもかくにも紫の上に対する扱いの酷さに同情を禁じえません。

まだ年端もいかないいたいけな少女を自分の好きな人に似てるというだけの理由で自分の手元に連れてきて(誘拐)、しかもこのとき既婚。

奥さん(葵の上)が亡くなってまもなく手籠にして本妻として迎え入れるわけでもなく、いわゆる都合のいい女として手元に起き続ける。

浮気しても自分が落ち着かないから浮気相手とのことを正直に(と言えば聞こえがいいけど)ペラペラと話したり。

まあ端的にゲスな男ですね。

特に今は時期が時期なのでこんなただただひどい男の話を読むとなんだかやさぐれた気持ちになりました。

本自体はとても読みやすく面白かったです。