気がつけば2020年も1月が終わろうとしていますね、早い。

私は結婚して約11年になりますが、いつ見てもホロスコープ的に夫との相性は抜群ではないです。

太陽は天秤座と魚座。私の金星火星獅子座に夫の火星蠍座と金星水瓶座がオーブ0でTスクエアです。

他にも夫の海王星が私の太陽にスクエア、私の海王星が夫の太陽にスクエアとまあお互いに何考えてんのこの人となりそうな相性。。。

でも11年経ちますが、喧嘩ももちろんしますけど仲良くやっています。

将来的にはどうなるかわかりませんけど、スクエアが多くても、お互いに価値観の違いを認める、自分の意見が全てじゃないと諦めることで多少なりとも歩み寄ることは可能なんじゃないかなと思っています。

最初ホロスコープを勉強し始めた頃、自分と夫の相性を見てうーん、摩擦が起きるポイントも結構あるねーと気づいた時、結構凹んだんですよね。正直。

確かに喧嘩も多いし、なんでわかってくれないのとか、普通こうだよねとか、思う部分もたくさんある。

夫は柔軟宮が多いからとにかくなんでもとりあえず放置、が多い。

旅行先決めようとかって時もなんだかんだ任せてるとまだやってなーいということが多かった。

話し合いの時も私は言いたいことをばーっと言うけど夫はその時には言わない。でも後々になってめちゃくちゃ考えたことを突然どばーっといってきてそれがなかなかの破壊力がある。

でもまあ、それが夫のやり方か、じゃあ仕方ないか、となんかの段階で受け入れた、というか諦めた瞬間があって。

私にとってもムカつくポイントもたくさんあるけど、夫がいてくれて幸せだった瞬間やこの人のこと好きだなと感じる瞬間がたくさんあったことも思い出して。

やっぱり夫のこと好きだから、夫が変わらない前提でムカつくポイントもありつつ一緒に幸せになるにはどうしたらいいんだろうって考えるようになったらメンタル的に楽になりました。

それに価値観が違うからこそ一緒にいて助け合えてる部分があるんだろうなと思います。

私は結構偏りの多い人間なので、どうしても振り切れてしまいがち。

火のエネルギーが強いので思い立ったら一直線で目的に突っ走るから現実的な実現可能性とかそれに伴うリスクとか気がつかないことが多い。

その点夫は火星座は1つしかないけど、水と風と土はバランスよく持っていて私を冷静にしてくれる。

気づく前は私のやりたいことに反対ばっかりする意地悪なところがある!とか思ってたけど気づけば私が向こう見ずな部分もあったなとわかりました。

相性はスムーズにことが運びやすいか、ぶつかりやすいか、の判断に使うのがいいのかな、と。

ぶつかりやすい相性でもぶつかる想いの中にお互いへの尊敬や愛情を見いだせれば少しは違うと思います。だから私は夫に反対意見を言う時は大抵「怒っているわけじゃない」「あなたの意見を貶したいわけじゃない」「お互いがより幸せに生きるための話し合いだ」と伝えて言いたいことをいうようにしています。