お茶のお稽古。

今日は絞り茶巾のお稽古でした。

寒い冬、お客様に少しでも温かいお茶をめしあがっていただくためにくちの狭いお茶碗でお茶を点てるお点前でした。

今日はこの冬一番と言ってもいいくらいの寒さだったので、今日のお稽古にぴったりのお点前でした。

お稽古場は日本家屋の造りなので隙間風がふいて寒かったです。暖房をつけているのに時折ひんやりした空気が入ってくるので正座が辛い。。。

絞り茶巾のお稽古であつかった筒茶碗は口が狭いため、柄杓のお湯やお水をお茶碗に移すときに気をつけないと畳にこぼしてしまうので柄杓の扱いはとても緊張しました。

茶巾や茶筅もいつものお茶碗とはちょっと扱いが異なります。

この筒茶碗、手のひら全体に器から温かさが伝わってきて、なんだかほっこりしてお稽古も心なしか和やかな雰囲気でした。

眼鏡が曇るのだけあれでしたが笑。

寒い時期だけのお稽古で、来週からまた濃茶のお稽古なのですが、今日はその合間の安らぎの日でした。

絞り茶巾は薄茶のお点前しかないそうです。

薄茶はほっとしますね。