天体の年齢域という考え方において、火星期は35〜45歳にあたります。自分自身の性質や目標が明確化し、より人生を発展させたい、挑戦したいという意欲が湧いてくる時期。この時期陥りやすい傾向と火星期の向こうの木星期に向けて気をつけるといいことを書いていきます。

火星期とは?

人は生まれてからいきなり全ての天体の性質を発揮できるわけではありません。

  • 0〜7歳では無意識に月の質が出てきます。
  • 7〜15歳では水星の好奇心が芽生え、たくさんのことに興味が湧きます。
  • 15〜25歳では金星の楽しいこと、キラキラした世界を楽しみます。
  • 25〜35歳では自分は何者か、ということを確立し、太陽の主体性を身につけます。
  • 35〜45歳では自分の限界に挑戦しようという火星の情熱、勇気に突き動かされます。
  • 45〜55歳で挑戦の結果、自分の枠が広がり成長した結果の木星の成果を受け取ります。
  • 55〜65歳で無意味に拡大していくのではなく、次世代に引き継ぐべく自分を枠で囲み、最低限これだけがあればいいと人生を縮小、土星の制限を加えていきます。

このような流れで人の人生は流れていきます。最近は人生100年時代などと言われているので、土星の後に天王星が加わるかもしれませんね。

火星期ってどんな時期?

さて、火星期のお話ですが、35〜45歳では火星の力を活性化させて、自分自身の枠を広げようと行動力を駆使してより広い世界へ挑戦する時期です。

太陽期は自分はこんな人間だ、という自分探しを続けているのですが、太陽期の終わりには自分は何者で何が好きでどんな才能があるのか、という自分への疑問に一応の決着がつきます。

そして火星期に入ると、自分が世界ではどれくらい評価されるのか、どれくらい通用するのかということに興味を持ち対外的に自分の力を証明したいと、やや好戦的な意識が芽生えてきます。

お仕事をされている方や、何か没頭できる趣味や特技のある方はきっと自分の中のエネルギーが仕事や趣味に注がれて行くことを感じると思います。

その結果、それまでの生活リズムが崩れ、規則正しい生活が送れなくなったり、対人関係がギクシャクしてしまうということを経験することもあるでしょう。

ですが、火星期では規則正しく生きること、バランスよく生きること、調和を持って生きることよりも、自分の情熱のまま突き進むことの方が結果的に次の木星期に大きな成果を受け取ることができます。

決して和を乱して人が嫌がることばかりしろと言っているわけではなく、自分の中の情熱に忠実に、ガムシャラに動きまくって頑張っていく時期なので、多少ガサツな面が出てくるのも、そういう時期と許容してあげてください。

火星期で気をつけたいこと

火星期で注意が必要な方は、太陽期までに自分の情熱を傾けられる何かに出会わなかった人です。

また、お仕事をしていない専業主婦(主夫)方や、別に好きでもない、やりがいも特に感じていないお仕事についている方、没頭できる趣味がない方、というのは火星の攻撃性をうまく使えないと鬱屈した感情を抱えてしまうことがあります。

なんかよく知らないけど常に不機嫌そうにしていたり、小さなことでイライラして八つ当たりしてしまったり、すぐに感情が表に出てキレてしまうような方は自分の中の情熱エネルギーが何にも向けられず、自分の中で停滞し続けてしまい、ガス漏れを引き起こしているようなものです。

こういった方が火星の情熱のはけ口を見つけられないと、手当たり次第に火星の攻撃性を向けることになります。身近な例でいえば、ママ友や会社の同僚と何かと衝突しがちになったり、陰口悪口が止まらなくなってしまったり、ネットでアンチコメントを投稿しまくったりといった攻撃行動にあらわれてきます。

また、自分自身の情熱に蓋をしていたとしても「人生を展開したい、拡大したい」という情熱が消えるわけではないので、この情熱が他人に向けられることになります。

なので、家族に対して命令したり、思いどおりに動くように強制したりと、家族に対して攻撃的になってしまい家族関係がギクシャクしてしまうことにも繋がります。

充実した火星期を過ごすために

なんでもめんどくさいと思わずに挑戦してみること、興味を持ったことはとりあえずやってみるというのが大切です。

火星はスポーツを現し、強いエネルギーを持っていますので、スポーツを始めてみるのもいいでしょう。最初は散歩や軽いジョギング、筋トレなどで十分かと思います。

とにかく火星の攻撃性で大切なもの(多くは人間関係です)に向けないように、情熱をかたむける何かを見つけ出すことで、より充実感を得られるようになることでしょう。