3月22日に土星が水瓶座に移動しましたね。逆行とかもあって一旦山羊座に戻ることもありますが、土星が水瓶座に入ったことにより、社会の額縁が水瓶座に変わったので、土星水瓶座の特徴についてお話します。

土星は水瓶座の支配性でもある

土星は山羊座の支配性というのはご存知のかたも多いですが、水瓶座の副支配星でもあります。土星は固める、安定化させる、構築するという性質がありますが、山羊座では資産、能力、地位を築き上げる作用がありましたが、水瓶座では情報、自身の考えを固定させる作用があります。

つまり、水瓶座土星時代では安定したい知性、意見をもち、それに伴い自身の個性や特色を強く発揮することを求められることになります。

土星水瓶座入りでどんな変化がおきる?

どんなに高い役職についていても、高価なハイブランドを持っていたとしても、広い家に住んでいてもそんなのどうでもいい、結局あなたってどんな価値観をもって、他の人と本質的にどう違うの?ということを問われていく時代。

みんな同じ価値観で、同じことをしてその中でトップに上り詰める山羊座ではなく、そもそも人と同じことしなくていい、そこに自身の信念があればそれでいい、みんな自分の好きなことをやればいい、という個人主義な時代になります。

ここだけみるとじゃっかん殺伐としてますけど、風の星座なので、人とのコミュニケーションを大切にする時代にもなります。

資本主義社会の中で競争からドロップアウトしたら自己責任という山羊座時代から、自分の得意分野で社会貢献、自分のできないことは得意な人にたすけてもらうという、共同体を重視する雰囲気も出てきます

相互理解、相互補完的な考え方がとても大切になってくるんですね。

自由を尊重する空気のようにも感じられますが、水瓶座は土星が支配星なので自由!楽しい!みたいな空気じゃないですよ。勘違いしないでください?

中身のない人間は相手にしてもらえなくなるってことですよ!

みんなおのおのの個性能力を発揮して、お互いに独立した自己として尊重しようというのが土星水瓶座時代ですので、これといって個性がない、能力がない、自分の意見がないという人は見向きもされなくなってしまいます。

ある意味山羊座より厳しいですよね。

なので、自分は何者なのか、何がしたいのか、どんなものが好きでどんなものが嫌いなのかをハッキリさせる練習を少しずつしていくことで自分自身の輪郭を鮮明にしていくことが大切です。

まずは今日のお昼ご飯とか夜ご飯みたいな、ちょっとしたところからでいいんです。大したことないことすら決断できない人が自分の将来を決める決断のときに動じずに冷静に判断できるわけがないです。小さなことを自分で選んでいくようにしましょう。

土星水瓶座時代、いかがでしたか?厳しいことも言いましたが、やりたいことがはっきりしていて、でも社会のルールや枠組みの中で息苦しさを感じていた方にはのびのびとできる空気を感じられるようになるでしょう。みなさまが自身の個性を輝かせることができるよう、心からお祈りしております。