土星が水瓶座に移動し、これからは自分の個性を軸に生きていく時代が訪れます。現代では水瓶座の守護星は変革の星天王星でしたが、天王星が発見される以前の占星術においては水瓶座の守護星は山羊座と同じ土星でした。山羊座と水瓶座の責任感について書いていきたいと思います。

以前守護星が金星で共通している牡牛座と天秤座のお話を書いたのですが、

牡牛座の美意識、天秤座の美意識

今回は守護星が土星で共通している山羊座と水瓶座のお話をいこうと思います。

山羊座について

山羊座さんは忍耐強く、物事を最後まで完遂させる能力を持つサイン。そしてその責任感は物事を完成させる、目標地点に到達する、という分野で発揮されます。つまり山羊座は「現実での結果」に対する責任を持つサインと言えます。
山羊座さんはまず「今の社会の中で自分は人間としてこうありたい」という目標を立てます。後述する水瓶座さんと違うのは、山羊座さんの場合は今自分が存在する社会を受け入れた上で、その社会の中でのトップを目指します。
そして山羊座さんは一度決めた目標を達成するまで雨が降ろうが雪が降ろうがひたむきに行動します。そして、長い時間をかけて山羊座さんが取り組んだ物事はちょっとやそっとの刺激ではびくともしない、とても強固な結果を生み出します。
伝統を感じさせるもの、時間をかけて作り上げたもの、権威的なものは山羊座の得意分野です。

山羊座さんはよく「冷静」とか「冷たい」とか「超現実主義者」と言われることが多いです。確かに一つの物事を長い時間をかけて継続すること、権威や大きな組織を築きあげるためには多少辛いことがあっても泣き言は言えないでしょうし、自分や他人の幸せを時に犠牲にする場面もあり、それらの行為は無慈悲に見えることがあるでしょう。
しかしながら、山羊座さんのこの一見無慈悲に見える行動の根底には、「人の幸せはたやすく奪われてしまうもの」「自分自身や大切な人を守るためにはある程度の『力』が必要だ」という価値観が存在しています。
山羊座さんは「土」のサインでお金や仕事、技能など、目に見えるものを重視する傾向にあります。人はか弱い存在であるからこそ、それらを守るためには何か大きな砦のようなものを築かなければいけない、という責任感が山羊座さんには備わっているのですね。

水瓶座について

水瓶座はではどのような部分に責任や忍耐を持ってくるかというと「社会やネットワークの中での自分の役割」というものに対して責任を持ちます。

水瓶座は個人主義的なサインと言われていますけど、実際には博愛主義的でボランティアにも積極的に参加する、人とのつながりをとても大切にするサインです。
水瓶座の最初に立てる目標は山羊座のような個人的な目標というよりは「社会全体がどうしたら平等に繋がれるか、社会全体が将来的に発展して行くにはどうしたらいいか」という人類の未来をよりよくするというかなり壮大な目標を持ちます。
なので、特定の意見を持っているから、価値観が独特だから、といった理由で特定の人とのつながりを遮断するようなことはせず、全ての人が自由に繋がれる場所を作ろうとします。インターネット、SNSが発展し、私がこうやってブログをアップできているのも水瓶座さんのおかげなのです。

そして、水瓶座さんはこの構築したネットワークを常に誰もが享受できるように「維持する」という面において責任感を発揮します。
いったん作った場でもすぐに壊されてしまったら意味ないですよね。水瓶座さんの場合は作り上げられたネットワークが気がついたらなくなっていた、とか、何かからの攻撃によって破壊されてしまった、とか、そういうことを防ぐためにいつだって自由な空気を守ってくれているんです。
個人的な部分においては自分自身の自由をとても尊重しているため、自分がこうだと思ったことが誰かとぶつかったとしても「人は人、私は私」といって何食わぬ顔。誰になんと言われようと変えない、だって私は自由だから、という感じ。

なので、そういった部分は「頑固」とか「変わり者」とか「意固地」と言われてしまう所以なんでしょうね。反抗のための反抗という言葉はなんとも水瓶座さんのための言葉です。

ただ、水瓶座さんのそういった行動の底にはやはり人類愛というか、博愛の精神があるということも覚えていて欲しいんです。
みんなが自由に生きて行く場を保つためにはある一定の「枠」が必要で、何かがあった時にすぐに場に流されるようなものではみんなが安心できない、信用できない、だから自分はその場を死守しなければいけないという「責任感」があるんですよ。

山羊座さんと水瓶座さんについて、「責任感」という面をテーマに取り上げて見ました。
二つのサインに共通するのは山羊座さんも水瓶座さんも他者を「守る」サインであるということのように感じました。土星によって感情を抑制される分、一見冷たそうだったり、何を考えているのかわからないと思われがちな両サインですが、感情によって人の幸せがすぐに揺らいでしまうということを理解している分、理性的に振舞うことで幸せを守ろうとする性質があります。そう考えると厳しくみえますが、愛情深いサインなのだということがお分かりいただけると思います。