おはようございます。本日も無事朝を迎えられましたこと、嬉しく思います。
もう四月も下旬になりました。自粛生活にうんざりしている方、案外悪くないと楽しんでいる方、元々インドアであまり変化がない方、色々かと思いますが、全く変わっていないという方はいらっしゃらないかと思います。
これから、以前と全く同じ生活は戻ってくる、ということはあまり考えられませんので、現在の生活環境に少しずつ順応していく、自分なりにアレンジしていきことをこの牡牛座期間にできていくといいですね。

月は魚座の後半。午後には牡羊座に移動します。牡羊座に移動するまでは気持ちがふわふわして、気持ちの変化が激しいです。
その気持ちの変化は自分自身の感情というよりは、周囲の人やSNS、メディアが内包している雰囲気みたいなものに反応している、それらの感情を自分の中に無意識の中に取り込んでいる状態ですので、自分にとって良くない影響を受けていると感じたらそれらのものから距離を取るといいでしょう。
午後、牡羊座に月が移動するともやもやした空気から何かしなきゃ、という焦燥感に駆られてじっとしていられない感覚になります。
ただ、新月前ですので、まだまだ何をしていいのか具体的なアイディアは湧いてきません。なんかしなきゃいけないけどじゃあ何をしたらいいんだろうという気ばかりが先行している状態になるので、落ち着かない気持ちなのは変わらないかもしれません。
4月23日の牡牛座新月ごろになればまた新しいスタートが切れますので、あまり焦らず今できることを地道にやってい、スタートに向けた準備期間とするといいでしょう。

太陽は牡牛座1度。「清らかな山の小川」。牡羊座30度のアヒルの住んでいた池とつながっている小川が牡牛座1度の小川。
アヒルの子供達を健康に育むためには清らかな水質の水が必要です。牡牛座1度ではその水の流れを表しています。
美しい水は万物の源であり、それ自体が素晴らしい資源です。日本に住む私たちは水道水で十分飲むことができるクオリティの水を得ることができるにも関わらず、コンビニやスーパーでボトリングされた美味しい水を買い求めますよね。
そのくらい、美しい海で取れる海洋深層水や緑豊かな山々の雪解け水はそれだけでお金を払う価値のあるもの何ですね。
牡牛座は「価値」を司る牡牛座。そして、「肉体」「私たちが生活する土地」「過去」なども牡牛座の領分です。牡牛座1度をいずれかの天体にもつ方は、何らかの才能を遺伝的に引き継いでいる可能性が高いです。
もちろん牡牛座1度に天体を持たない方も突然何もないところから生まれてきたわけではなく、ご両親の遺伝子を引き継いで、さらには祖父母の遺伝子も引き継いでこの世に肉体を持っていますよね。
この牡牛座期間は、自分が受け継いできた資質、才能は何なんだろうと思いを馳せてみるのもいいかもしれません。
牡牛座に天体を持たない方も多いかと思いますが、才能を意味する天体は一番は牡牛座の守護星である金星ですね。
あとは出生時間が分かっている方は2ハウス。
これらはあなたが金銭を得る上での武器となる領域を表しています。価値を生むことができる才能、といったところでしょうか。
(もちろん他にも自我を意味する太陽や無意識に続けてしまう月、良心を意味する木星などたくさんありますのでご自身の読み方次第です。)

これからの時代、水瓶座時代になると、社会的な地位、実績というのはあまり重要視されず、あなたそのものに価値があるかないかで判断されます。ある意味山羊座よりシビアですね。
水瓶座はあなたの価値をあなたの持つ知性、情報量、他者に貢献出来る力で判断します。
牡牛座はともするとネットワークや社交性にはかけるかもしれませんが、資質的には水瓶座社会で活躍できる素養は十分にあります。
まずは社会でその力を発揮するために、この太陽牡牛座期間に自分自身の才能や資質を磨いて行くといいかもしれませんね。

今日も最後までお読みくださりありがとうございました。