おはようございます。本日も無事朝を迎えられましたこと、嬉しく思います。学校が始まり、3月からの自宅での過ごし方とは生活が変化し、子供たちも私も今までとは違うリズムになりました。
登校が朝になったり昼になったりと毎日違うので、間違えないようにしないといけないですね。

本日の天体図です。月は射手座。活発で興味の赴くままに行動できる意欲的な一日になりそうです。
自分のこれしたい、という気持ちが一番大切で、フットワークが軽いかと思えば一つの勉強や本に熱中して一日こもってるということもあるかもしれません。
いずれにせよ、自分の知りたい、やりたい、という気持ちに素直に行動するといい一日です。
自分のことに夢中になるあまりこの時期は約束や規則に注意が向かなくなりがちなので、その部分は注意が必要です。うっかりミスや物忘れが一時的に増えます。

太陽は双子座15度「会話をしている二人のオランダの子供」。
双子座14度でテレパシーでの会話を学びますが、結局違ったバックグラウンドを持ち、言語も違い、育った家庭環境も違う他人と言葉を使わないコミュニケーションをとることは困難であるという考えに至ります。
同じ体験、常識などがお互いにない場合、ツーカーの関係、というのは難しく、言葉のないやり取りではお互いを誤解してしまうということに至るわけですね。
そこで双子座15度では、同じ言語を用いて活発に会話を交えることで楽しい時間を過ごすことを選ぶのです。
「オランダ人の子供」とありますが、一般的にオランダ人は「倹約家」で「率直」「シンプル」という国民性と言われているようですね。
双子座のシンプルでフランクな性格がオランダ人の国民性と通ずるものがある、ということなのでしょうか。
皮肉であったり快楽主義であったり、慇懃であったり、真面目であったりというのは確かに双子座さんの性質とはあまり結びつかないですよね。それらの性格ではないということを強調する意味でわざわざ「オランダ人の」というワードを入れたのかもしれません。
「子供」というのもとても双子座さんらしいキーワードですよね。息子や娘がお友達と遊んでいるところをずっと見ていると、大人には何が面白いのかよくわからないところでゲラゲラと爆笑していますが、言葉の響きだったり言い方だったりがおかしく聞こえるんでしょうね。
ちょっとした言い間違いでも面白いようなので、一緒に話をしている、という行為そのものが楽しいみたいです。
話題もポンポンとすぐに変わりますし、一つのことをずっと話題にするのは難しいようにもみえます。
こういった大切なのは一緒にコミュニケーションをとることそのことであり、内容にはさほど意味がない、意味がないというと失礼ですが、内容はさほど重要ではない、というのが双子座的なコミュニケーションなのでしょう。
お互いの核心に触れるような深い会話を避けて表面的なやりとりの面白さに夢中になる。
広い世界を知る、たくさんの人と関わるには触れて欲しくないプライバシーの領域に土足で入り込まない、という姿勢も大切ですよね。そういう意味での賢さをもった「浅さを保つ」コミュニケーションをとることができる人、と言えます。

本日もお読みくださりありがとうございました。素敵な一日をお過ごしください。