おはようございます。本日も無事朝を迎えられましたこと、嬉しく思います。息子とよくポケモンカードゲームで対戦するのですが、月牡羊座のせいか、勝負事になるとついつい熱くなって本気になって戦って負かせてしまいます。夫には大人気ないとたしなめられてしまいますが、どうしても手加減する、手心を加える、といった事が苦手だったりします。。。

本日の天体図。月は蟹座。新月後ですので、目標に向けて計画を立てるのに適した時期ですね。週末は異様な眠気に襲われて家でゴロゴロ過ごしてしまった方も多いのではないでしょうか。私がそうだっただけなんですが。
月が蟹座なので、住環境を心地よく、家族みんなで団らんできるようなアットホームな雰囲気に出来ると安心できそうです。逆行中の水星とコンジャンクションに向かいます。
ゆっくり家で過ごせる時間がある方は家でのんびり過ごしながらこれからのことを考えてみるとよいでしょう。太陽月水星火星海王星と5天体が水のサインに入っている上、火サインに天体がありません(牡羊座にキロンはありますが)。
なんだか周囲の雰囲気に同調して自分自身の意志や情熱を発揮するのが難しい時期ですので、こういう時期は接する人や空間のムードに左右されます。自分の感情が心地よく感じるかどうかをいつも以上に大切にして、一緒にいて気分の上がらない人やぐったり疲れる空間からは距離をおきましょう。
大切な人と同じ気持ちを共有できることがこの時期一番心地よく感じることですので、家族や友達と心地よい時間を過ごしでください。

太陽は蟹座2度「広く平らな場所の上につるされた男」。体の自由を奪われて広い場所を見渡しています。個人的にタロットカードの「吊るされた男」を連想してしまうサビアンですが、タロットの「吊るされた男」の解釈は忍耐、犠牲、魂の成長、苦労が報われる、自己犠牲などと蟹座と共通する言葉も多いですね。
「吊るされた男」はぱっと見あまりいいイメージがない、悪い意味のカードなのかという印象を持ってしまいますが、自由を奪われたものの、そこで忍耐強く努力する、奉仕の心で行動することで大きな心の成長を遂げる事ができることを意味しています。
蟹座2度でも同じように良くない第一印象になりがちですが、決してそんなことはありません。
蟹座2度では自分の自由、個性を奪われたものの、広く遠くまで見渡せる場所にいるおかげで、今までの生活では得ることのできなかった広い視野、可能性を得る事ができるようになったことを示しています。
今まで双子座さんの時にはとらわれない心、自由さ、身軽さを信条にしていましたが、蟹座2度では自由を奪われます。それは集団の一員としてルールや規則に縛られることに似ています。
今まで家で自分のやりたい遊びばかりを自由にやっていた子供が幼稚園や小学校に入ることで1日のスケジュールに決まりができることにも似ています。でも、自由を奪われるというデメリットよりも、新しい環境、生活に喜びと期待の心で飛び込んでいきます。

本日もお読みくださりありがとうございました。素敵な1日をお過ごしください。