おはようございます。本日も無事朝を迎えられましたこと、嬉しく思います。今日は七夕ですね。

本日の天体図。月は水瓶座。集団から少し離れて、自分らしくありたいと思う気持ちが強くなります。今の自分からステップアップするために、普段のルーティーンから外れたことをやりたい気持ちが出てきます。
いつも通りの生活から少し冒険して、帰り道に違うルートに寄り道して見る、普段外で食事をしている方はいつもと違うお店に入って見る、もしくは同じお店でも普段なら頼まない料理に挑戦して見るなど、何かいつも通りではない行動をとって見ると新たな発見につながります。

太陽は蟹座16度「手書きの巻物を目の前にして広場の前にいる男」。蟹座15度では親しい人と夕食を共にし、その後の団欒を楽しむ、という家族との濃密な関わりを描いていました。
蟹座16度では男が広場へと移動します。16度では反対側のサインの性質が入り込んでくるように、蟹座16度では山羊座の性質が入ってきます。「広場」という公的な場所にやってくるということ、「手書きの巻物」という社会で重要な内容が書かれた伝統的、歴史的に価値の高いものを描いているということでその特質が現れています。
手書きの巻物は広場に飾ってあるのでしょうか。イメージするなら教会のステンドグラスやピラミッドの壁画、イスラム寺院のアラベスクや仏教徒の曼荼羅を連想させますね。
ある集団の総本山、権威を象徴する場所に描かれたイメージを見ることで、自分の所属する集団、組織への帰属意識を持ちます。
いつも一緒にいる少数の家族や友人という小さな集合体ではなく、もっともっと大きな社会へと踏み出して行く度数です。
また、「手書きの巻物」についてですが、今まで蟹座世界では集合意識や共感、感情の揺れを大切にしてきましたが、ここに山羊座世界の「具体性」が入ってきます。
今まではただなんとなーく、楽しいな〜、嬉しいな〜、気持ちいいな〜と言った感情があった(そして親しい人たちとだけで伝え合う)だけですが、具体的に絵や言葉で表現することにより、自分の気持ちをより多くの人の共有することができるようになります。
心の中にぼんやりとある印象を明確にすることに熱意を持つ度数とも言えるでしょう。

本日もお読みくださりありがとうございました。素敵な1日をお過ごしください。