おはようございます。本日も無事朝を迎えられましたこと、嬉しく思います。
自粛続きであまり友達に会う機会も限られていましたが、最近少しずつランチをしたり、お茶をしたり、ということができるようになってきましたね。
友達と一緒に食事をしてアレコレと話をするというのはとってもメンタルヘルス的には大切ですね。

本日の天体図です。月は魚座終わりで午後になると牡羊座に移動します。月が魚座にいるうちは集中力が散漫としていますが、牡羊座に移動するとあれやりたいこれやりたいと活発になってきます。

太陽は蟹座20度「セレナーデを歌うゴンドラ乗り」。昔ヴェネツィアに旅行に行ったときに街中に張り巡らされた水路をゴンドラに乗って観光する、というものを体験しました。
そこで、ゴンドラに乗ると必ずゴンドラを操縦しているおじさんが歌のパフォーマンスをしてくれてます。
実際のところは苦労や嫌なこともあるのでしょうが、ゴンドラ乗りのおじさんたちはいつも陽気で笑顔で明朗に歌を歌う姿を見る感じ、日々のお仕事をとても楽しんでいるように見えますよね。
そして、ゴンドラ乗り、というお仕事はあまり時代の変化を経てもそう大きくお仕事の内容が変化するといったイメージはありません。きっと何十年もの間、ずっと同じ作業を続けているのだろうと思います。
蟹座20度のサビアンも日常のルーティーン、何十年も同じ作業の繰り返しをいやいやではなく、むしろ喜んで行うことを意味しています。
当たり前のこと、ありきたりのことでもそれを繰り返すことに深い満足感、充実感を感じ、毎日を流れるように歌うように無理なく生きていく人のイメージが湧きます。
なんとなくですが、群ようこさんの「パンとスープとネコ日和」のあきこさんとか私の中でイメージが近いです。
蟹座は母性のイメージですが、実際、母親は毎日同じような毎日を繰り返していきます。毎日子供が学校に忘れ物をしただの、食事の時に粗相をしただの、細かいハプニングがあったり、自分の習い事に行ったりお友達とランチをしたりと行った予定もありますが、基本的には同じような毎日を繰り返しています。
でも、その代わり映えない毎日とか、朝ごはん作って、洗濯して掃除して、買い物行って夕飯作って、みたいなルーティーンを充実しているなあと感じられるのが蟹座的な世界なのかもしれません。
ただ、実際にはみなさん蟹座にしか天体がない、という方はいないと思うのでルーティーンだけで満足できないという方がほとんどだと思うので、上にあげた母性なんて理想でしかないんですけどね。
ただ、何にもない毎日にじんわりと幸福をかみしめることができる度数ですので、精神面ではとても安定感があります。

最後までお読みくださりありがとうございました。素敵な1日をお過ごしください。