おはようございます。本日も無事朝を迎えられましたこと、嬉しく思います。今週で9月も終わり。2020年も終盤に向かっています。今年はあらゆる人々にとって浄化の年です。

季節でいうと冬。外からみると大きな動きはありませんが内側で新しい始まりに向けていらないものを解体しこれから出会う素敵な物のための隙間を作っていきます。

失うことは辛いですが、思い描く素敵な未来のためにちょっとずつ整理していきましょう。

太陽は天秤座6度「男の理想が多くの結晶に変わる」。人の心について普遍的な知恵を身につけ、それを広めていく活動を天秤座5度でやってきました。

天秤座は金星を守護に持ち、理想や魅力といったものを表します。天秤座ですから人間関係に関する理想がここでは描かれています。

対人関係における、幸せで思いやりのある理想的な関係を目指してきた努力が、天秤座6度で結実します。天秤座は空気清浄機のような存在。特定の誰かと仲間内だけで幸せであればそれでいい、というのではなく、自分の所属する空間にいるすべての人の喜びを望んでいます。

私は昔から自分の天秤座太陽があまり好きではなかったんですね。いまいち自分の成果、みたいなものに集中できない感じが中途半端だなあって思っていたんです。

でも、周囲の人を思いやり、公平なバランスをとることを誰かがやらないと、今のような富の集中、貧富の差の拡大、暴力の横行などにつながってしまいます。

風のサインはこうした偏りを否定します。水瓶座時代では、天秤座の理想がきっと大切な価値観として認識されていくことでしょう。

本日もお読みくださりありがとうございました。素敵な一日をお過ごしください。