先日、占星術のブログで「乙女座は指示待ち」といった感じのことを書かれているのを発見しました。

これについて少し思うところがあったので少し書きたいなと思います。

乙女座が指示待ちに見えるのは先手で動くことをあまりしないからだと思います。

乙女座は相手の役に立ちたいと心から願っているサインです。そして、自分のやったことが「相手の役に立ちたかったから」という動機さえあれば、気持ちさえあればいいのではなく、自分の行為が結果として相手の役に立ったという実感がないと満足できないために徹底的に物事を分析するのです。

乙女座は物事を改善するために、ぎこちなくなってしまった箇所をスムーズに調整するために徹底的に現状を観察、分析します。そして、自分が求められている役割を完璧に全うするために自分のスキルも磨き上げます。

それらのことは簡単にできることではありません。一度着手してしまえばそのパーフェクトな仕事ぶりは鮮やかですが、下準備の間が長いので表面的に見ている人から見ると相手からの働きかけがないと動かない指示待ち人間のように見えるのかもしれませんね。

私は自分の水星が乙女座というのもありますし、大学時代友人の乙女座率は50%くらい(体感)だったので、乙女座に対する信頼はかなり厚いです。

ゼミや勉強会の準備悩んで時の文献の読み込み量は誰よりも徹底していますし、自分が発表する会でなくてもテーマに関する部分の資料は参考文献を直接図書館から借りてきて読んでいて、発表担当の人よりも知識が多かったりしてゼミ生みんな戦々恐々としていたように思います。

乙女座さんはさらにこういったスーパー能力が自分の興味にあまり左右されないのが長所ですね。徹底的に勉強する、という分野においては牡羊座や牡牛座、蠍座や射手座あたりも優れていますが彼らの場合好きか嫌いかでその能力の発揮に差がでてきます。

乙女座さんは自分の感情をわきにおいて求められているかどうかで動けるのが素晴らしいと思います。

以上乙女座さんについてちょっと思ったことでした。